芦田愛菜出典:こちらを引用

何年か前に子役ブームが起きたことをご存知ですか?

鈴木福くんや芦田愛菜さんといった方がテレビやメディアに頻繁に露出したことがあり
一時ブーム化しました。
しかし、最近その子役さん達はあまり活躍はしていないような印象を受けます。
大手テレビ局に出ていないからと言って消えたなんて安直な考えではありませんが
一体今どうしているのでしょうか?噂では消えたなんてことを聞きますが
本当のところ何があっていなくなったのでしょうか?

Google Ads

【消えた?】

芦田愛菜2出典:こちらを引用

ネットでも芦田愛菜という検索ワードと共に予測ワードとして「消えた」、「現在」、「干された」等
存在しています。芸能界は出現しては消え、消えては復活といったことが普通に行われている世界なので
子役ひとり消えた程度でそんなに大騒ぎすることもないという意見がありますが
NEWBO編集部は独自調査により調べることにしました。

コレは明確な理由がありそんな特別な事情があるわけでもなく
これは昔から芸能界にある暗黙のルールの様なもので

必要なのは子役であって個人ではない

芦田愛菜さんがなぜ人気があったのか?を考えてみて下さい。

そう、子役だから存在意義があるのであって正直なところ芦田愛菜さん個人にはあまり価値がありません。
これが普通に成人を超えた芸能人や俳優というなら価値は比べ物にならないぐらいあります。

 

もちろん子役という肩書さえあれば誰でもいいというわけではないです。
子役というぐらいですから演技やらキャラクター性といった付加価値があってこその子役です。

 

芦田愛菜さんのファンに「芦田愛菜ちゃん個人に価値があるんだ!」と怒られそうですが
別に芦田愛菜さんを嫌いではなくむしろ好きなほうですが良く考えてください。
彼女の出世作である「MOTHER」という作品があります。
この当時は小学低学年から中学年だったと思いますがこれが15歳前後でも務まったか?と
聞かれれば否定せざる負えないでしょう。それはアノ作品は子役である必要があり
成長期真っ只中の女の子では話が違ってきてしまうからです。

 

知っている人が多いと思いますが子役という俳優、女優の子供版は寿命というのが存在しています。
俳優や女優のようにいつまでも続けられるというものでもなく
成長期つまりは大人への入り口をくぐった辺りが賞味期限と言われそれ以降
子役として活躍はできないと言われています。
子役時代は大人気でスター扱いされていたのに大人になった途端完全スルーされ
仕事もないということも普通に有り得ている世界です。

その良い例が安達祐実さんでしょう。この方は子役のパイオニアとも言われ
今では女優さんとして活躍していますがどうしてもあの出世作である「家なき子」のイメージが
残ってしまい例えドラマのワンシーンでもドラマのイメージが脳裏に残っているため
どうしても内容が入ってこないという事があります。現実にその安達祐実さんも大人になってから
活躍したということをあまり聞きません。
テレビ番組やドラマ、舞台には出演していますが爆発的ブレイクというには程遠いです。

Google Ads

【天狗だった?】

芦田愛菜天狗出典:こちらを引用

もう一つの消えた理由として天狗になったという事が挙げられます。
絶頂期に色々な大人たちから持ち上げられ自分が特別な存在だと勘違いしてしまったのが原因です。
一気に人気が出たせいでギャラも一気に跳ね上がり仕事が減ったとも言われています。
子役で高額なギャラが発生するなんてことはほとんどありません。
子役のギャラのボーダーラインぐらいが適正というのが常識で芦田愛菜さんのように
高額なギャラが発生していては制作サイドも払えないという事で
仕事のオファーが消えたと言われています。

Google Ads