ドラマ戦う書店ガールに出演する渡辺麻友
来月からAKB48の渡辺麻友ことまゆゆが新ドラマ主演で放送される
「戦う!書店ガール」で注目されています。
まゆゆはどちらかというとAKB48としても活動中心というイメージが多いと思われています。
実際テレビ出演自体はAKBの中心メンバーのため多いですが
ドラマや映画という仕事に関してはあまりそれほどこなしてはいないです。
AKBが作っている映画やドラマの殆どがAKB48グループからというようなドラマや映画は
いくつか出演経験がありますがAKB48の渡辺麻友ではなく女優渡辺麻友として出演
しかも主演ということではあまりありません。
演技も注目ですが主題歌も歌うという事で今回は双方を話していきたいと思います。
AKB48では絶対的存在ですが演技や歌唱力という観点から見たら実際お世辞抜きでどうなのでしょうか。

Google Ads

【姉】

まゆゆは3姉妹のうち末っ子だそうです。
姉のどちらか一方は上智大学に通っているそうで名前をゆりあというらしいです。
このお姉さんは芸能活動はしていない一般人という事で
プライバシーの関係からどういう人物か分かるものはありません。
ですがそのゆりあというまゆゆの姉はAKBメンバーの一人が言うには
まゆゆよりも可愛いという事らしいです。
まゆゆ自体可愛いため自然とその姉も綺麗だろうことは予想がつきます。
そしてまゆゆ自身姉のゆりあについて発言しており可愛いと太鼓判を押しています。
推測ですが妹のまゆゆのほうが芸能界で活躍しているため姉のゆりあの存在が
芸能関係者にも認知していることと思いますのでアプローチ自体は何社かあったと思われますが
ゆりあ自身芸能界にあまり興味がないためスカウトされていても芸能界に来ることはないと思います。
可能性としては低いですがAKB48関連で出演という事もあったり、
まゆゆのSNSで写真を公開とか有り得そうですが現在では謎の姉ゆりあという事らしいです。

Google Ads

【歌唱力】

渡辺麻友が司会をしている画像AKB48自体ボイストレーニングが必要な人は行っているためまず音痴がいるってことはないと思われます。
AKBのシングル自体は大勢でまずソロで歌うという事はあまりしません。
そのため音痴がいたら気付かないように思われますがその辺はしっかり管理と教育がなされています。

本題に入りまゆゆ自身最近では音楽番組のMCをSMAPの中居さんとしているという事も
別段目立ってダメっていうことはなく、むしろ高評価の部類に入ると思われます。
音楽番組ではソロで歌うという事もありますので視聴者が下手とか本当に歌手かと疑問や批判が出ているはずです。
ですがそれらの悪いことは聞かずそれよりも歌が上手く歌唱力があるということを良く聞きます。

まゆゆはAKB48に加入して長いし、そしてシングルの選抜入りを何度もしているため
歌唱力もそれに比例して高いと思われます。
そして今回の主題歌を歌うことについては歌唱力がないと無理だと思われます。
そして今回の主題歌はこれまでのソロ曲というよりもドラマに向いたものを提供することを言っているため
AKBの曲ということをイメージせずドラマの主題歌ということを念頭に置いた曲になっているようです。

【演技力】

AKBの渡辺麻友が変なおじさんになっている画像まゆゆ自体それほど現場をこなしているとは言えないですがそれでも演技力はあると意見が多数です。
アンチや嫉妬の人の意見ではそれはAKB内の話で女優と比べたら下手という意見も少数ながらあります。
まゆゆはドラマや映画以外に映画の吹き替えに挑戦したことがあります。
確認した限り2作品共吹き替えとアニメでやっていましたがそれほど違和感はなかったです。
ドラマの演技とアニメや吹き替えの声優では根本的に違います。
ドラマは動きがあり声優に比べやりやすいです。
それに引き替え声優のお仕事の場合体は動かさず声だけで表現しなければならないため
女優よりも声優のほうが技能が必要とされています。
その両方を経験しているまゆゆはどちらか片方がダメという事はなく
スタッフからも上出来と評価されています。

AKBというグループとしてのイメージがあるためドラマや映画ではそのイメージに合った役柄しか
オファーが来ていないのではないでしょうか。
キャスティング担当はこの役柄のイメージに合っているかどうかでオファーを出すため
まゆゆに悪役や悪や負のイメージを持たせる役柄のオファーは来ないです。
最近ではフジテレビの「めちゃ×2イケてる」でのキャラを発掘されていましたが
それをみたドラマ関係者はイメージを上乗りしたのではないでしょうか。

女優の場合固まった役しか演じられない人はあまりオファーが来ませんが
役により演じられる人はどこでも使えるのでオファーが殺到します。
まゆゆの場合まだ前者ですがこれは演じる役のバリエーションを増やすしかないでしょう。

Google Ads