めちゃイケ出典:こちらを引用

フジテレビの土曜の20時と言えばゴールデン番組の激戦に勝利してきた「めちゃ×2イケ」だと思います。
しかし最近の視聴率不振で来年の3月で番組が終わるのではという情報があります。
この時間帯で他局でドラマが放送されていてもフジテレビが勝利するというのが方程式化していましたが
最近では特番でもそれほどの数字を記録していません。今回はその「めちゃ×2イケ」で
なぜこうも視聴者がつまらないと思ってしまったのかを調べていこうと思います。

Google Ads

つまらなくなった原因

めちゃイケつまらない理由出典:こちらを引用

初めに言っておくとテレビはもうつまらないからという安易な理由は今回は除外して
それ以外で説明していきたいと思います。

この番組のスタートは「めちゃ×2モテたい」という番組があり当初はそれまで化物級のお笑い番組であった
「ひょうきん族」を目標そしてそれを追い抜くことを目指し作られた番組です。
放送されれば間違いなく20%↑は越え面白い時は30%も越えていた時代もありました。
フジテレビで平成以降のお笑い番組の一番は何かと言われれば
「めちゃ×2イケ」を上げる人が多いことでしょう。

この番組の特徴としては他局がやらないことを面白おかしくやりそれを視聴者が見て
笑ってお茶の間に笑いを届けるというのがあるため視聴率も結構な数字を残せていました。

総監督の撤退

全盛期のめちゃイケの総監督は片岡飛鳥さんという方でした。この方は昔からのバラエティ一筋で
業界では首領(ドン)と言われ絶大な力を持っています。番組内での演出や面白い企画の多くは
彼が発案し番組内で具体化したというものが殆どでハッキリ言えばこの方なしに
あそこまで番組が視聴者に受け入れられたというのは考えられないと思われます。
しかしその片岡さんも2009年頃より番組から手を引きその頃から視聴率が下がったと言われています。

新メンバー加入

ハッキリ言えばこれをする意味があったのかと言うことが視聴者の多くの人が思っていた疑問で
あったと思います。新規メンバー募集よりも前のメンバーも多く企画全員が参加するなんてものは
数が少なかったですし新たに募集したら絶対あまり出演しないメンバーが出てくるため
視聴者は離れていきます。その結果が現状に反映され、その新規のメンバーもそれほど
面白くはなっていません。逆に視聴率に関してはメンバーが新しく入ってから
下がったように個人的には思います。

最近のめちゃイケ

ここ数年のめちゃイケは明らかな迷走だと思われる企画が結構あります。
そもそもこの番組自体10代の若者向けのお笑い番組でそのターゲットが笑ってくれないと
意味がありません。例を挙げるとナンパ対決とか20代前半とかそういう若者がやるなら分かりますが
元からいるメンバーも高齢となりその人たちがナンパしてもハッキリ言って
今の若者たちは面白くないと思います。

Google Ads

まとめ

すべての始まりは総監督が抜けてからおかしくなりました。その後スタッフが努力しているのは
色々な企画で見て取れますがそれでも結果が出ていません。バラエティ番組として数十年も続いている
そのことを見ても良くここまで続いたものだと評価するのではないでしょうか。
バラエティ番組と言えば今では1年も続かない番組が結構ありこのような番組はもう
時代の波に押し潰される運命なのかもしれません。

Google Ads