英単語を覚えるiOSアプリMikan
image source:mikanローンチページ
今、ちまたで世間を静かに騒がせている英単語学習iOSアプリケーションがある。
それが「mikan(ミカン)」だ。目の前に飛び出てくる単語を右へ左へ、知ってる知らないという取捨選択をひたすら繰り返すだけで面白いほど英単語が頭のなかに入ってくる。と噂らしい。

本当かぁ~??やっぱり疑ってかかっちゃう。
ゲーム感覚の無料アプリで英単語がするする覚えられるならこれまで買ってきた高い英語教材の立場はどうなるのよ!?タダより高いものは無い!

そう疑いながらもゲームをするだけで英単語がするする頭のなかに入ってくるというのはかなり魅力的だ。それに無料だし。ということで試してみました。調査の期間は約2週間、1日30分ほどの時間(通勤時間や睡眠前)を確保しmikanでゲームをしながら英単語を覚えてみました。

Google Ads

なかなかおもしろユニークな英単語アプリ

まずはmikanのルールに慣れましょう。1つの学習パートごとに10個の英単語が順番に出てきます。一つの英単語が目の前に出現して「知ってる」か「知らない」かを5秒ほどで判断。それを10回ほど繰り返す。「知らない」を選択した英単語が再び登場。「知らない」を選択した単語は何度も何度も現れてきて、10個全ての英単語が「知ってる」の状態になるとすぐにテストが始まります。
テストの内容は先ほど学習した英単語の日本語訳を4択クイズで選択するというもの!10問全問正解すると「ひとかわむけおくん」に天才と言ってもらえます。
最初プレイした感覚ではなかなか好感触なアプリ。ポップなサウンドも勉強感が出ませんし、全ての単語に発音音声が当てはめられているのはリスニングを勉強したい人にはとても嬉しい機能です。

Google Ads

mikanの凄いところは覚えた英単語が長期記憶に染み付くところ

mikanを1日30分×2週間ほどやってみてTOEICの頻出単語を300語、TOEFLの頻出単語を400語ほど、大学受験の頻出単語を200語ほど覚える事が出来ました。2週間かけて1000単語弱なのでなかなか好調のペースかと思います。しかし、この学習ペースはけっして凄い!と言われるほどのものでは有りません。mikanで一度覚えた英単語はなかなか忘れられないのです。mikanを使って英単語を覚えると短い時間の学習を何度も何度も繰り返します。さらにこの時にただ英単語を見るだけでなく、実際に耳を使い発音を聞き分け、自分の指をつかって「知ってる」か「知らない」を自分で明確に選択します。これをひたすら何回も繰り返すことによって脳の長期記憶を司る部分にどんどん英単語が効率的に蓄積されていくのです。
私はこの調査が終えてから1ヶ月以上経過しています。100単語ほど復習し統計を取ってみましたが、およそこの1000弱の英単語のうち7割は「見たその瞬間」に意味が理解出来ます。あとの2割が「考えれば意味が思い出せる」、最後の1割は「忘れてしまった」英単語になります。これはmikanがエビングハウスの忘却曲線理論に基づいた英単語の学習を助長してくれる結果なのです。

ゲーム感覚で理にかなった英単語学習が出来るiOSアプリ「mikan」。無料なのでぜひ英単語学習やボキャブラリーアップに興味が有る方はダウンロードしてみてはいかがでしょう!

mikan 最速の英単語 リスニングもマスター (Version 1.1) App
カテゴリ: 教育
価格: 無料
デベロッパ名: mikan Co.,Ltd.
リリース日: 2014/10/28
対応デバイス:
現Ver.の平均評価: (4.5 / 179件の評価)
通算の平均評価: (4 / 873件の評価)
Game Center: 非対応
 

Google Ads