福田萌の画像出典:こちらを引用

福田萌さんが自身の発言で炎上騒ぎを起こすかという状況なのを知っていますか?
学歴至上主義なのかどうかは分かりませんが高学歴ありきの持論を展開しているという事で
ネット住民から波紋を呼んでいます。価値があるのは高学歴という経歴を持つのみの人で
それ以外は無価値と言っているようなものだからこのような騒ぎが起こっているようです。
コレがネタというならそれはそれで問題ですが本人の発言からそれはないと思われます。
今回は福田萌さんのこの発言についてのネットの反応と過去の炎上について話していこうと思います。

Google Ads

【ネットの反応】

ネット出典:こちらを引用

福田萌さんの「高学歴至上主義」の考えにネットからは擁護する人、批判する人に分かれています。
批判する人は低学歴の人の嫉妬が多数かと言われればそうではなく、普通に大卒の学歴を持っている人からも
非難されています。理由として彼女の考えでは大学に入りさえすれば何とかなるという考えに行きついてしまい、
本来の大学の存在が分かっていないとさえ思ってしまう人がいます。
そもそもの話大学は単なる学歴の一行を大卒という文字に置き換えられるというものではなく、
大学では学歴以上の専門性に特化した分野を学び将来就職につけるようスキルを磨く機関でもあるため
その部分を分かっていないというネットの人々の非難を浴びているのです。
福田萌さんは確かに横浜国立大学を卒業していることは確かですがそのキャンパスライフで
専門性に特化した何かを学ぶことが出来たのでしょうか?
そこのところがネットの人々が疑問に思っているところなのです。

福田萌さんは大学は親が用意したレールではないと意見をしていますがまるで親に頼らず
卒業したような口ぶりをしていましたが大学入学から卒業にかかった費用は少なからず
親が負担していることが確実のため矛盾が生じ始めています。

彼女は持論を展開したつもりなのでしょうが返って批判を浴びる形になってしまいました。
それは高学歴者が偉いということはないからです。確かに普通の就職を考えた場合
今は大卒が最低条件でそれ以外は厳しい世の中になりました。
ですがものの見方を変えればあらゆることが違って見えてきます。
Web系の仕事デザイナーやプログラミング系と言った学歴とは全く関係ない仕事をする企業に就職する場合
学歴が関係するかという疑問が発生します。答えはNOです。
こういう専門性に特化した仕事をする企業に就職する場合採用担当は学歴など何の合格要因にもなりません。
興味があるのはスキルがあるか否かであって極論を言えば学歴など高卒でも専門卒でもどっちでも良いのです。
スキルを最重要視する業界ではスキルありきでその人を採用するか否かを決めるのです。

これらを見ると福田萌さんの持論は一般企業に就職をするという前提ではありですが
こういうような専門分野を仕事とする企業に就職する場合当てはまらないという事になります。
最もそんな学歴至上主義を謳っているのは日本だけで海外では大卒でもそれほど優遇されないのが現状で
どちらかというと大学を卒業したという努力よりも何が出来、
どのような考えを持っているかを重要視するのです。
福田萌さんの考えは日本人らしい考えと言えばそれまでですが古い考えとも捉えられます。

Google Ads

【過去の炎上】

炎上出典:こちらを引用

福田萌さんは過去に炎上したという事実を知っていますか?
それは夫であるオリエンタルラジオの中田さんと結婚した時です。
記者会見で「インテリ同士の結婚」発言を機に福田萌さんの産休で炎上をしました。
普通の芸能人の出産や産休程度では炎上する可能性など極めて低く、
よほど嫌われているとしか言いようがないぐらいです。
ですがこの炎上の発端は福田萌さんの産休ですがその原因としてYAHOOニュースにあったと言われています。
YAHOOニュースには厄介な機能としてコメント機能がついており
一般人がコメントして誰でも見られるようになっているのです。
その記事のコメントには批判の数が擁護コメントを上回るぐらいの数が存在していたのです。
これほど嫌われていた原因は自信が出演していた「ラジかるッ」という日本テレビの番組でのコメントや
腹黒キャラが原因とも言われています。それ以外に女性の嫉妬がそれらのコメントに反映しているのではと
思われています。某巨大掲示板には主婦層が集まるスレがあるのですがその住人を「鬼女」というのですが
その人たちのターゲットとして福田萌さんに集中攻撃して炎上になったのではないかと思われます。

こういうような子供が絡んだことでの炎上は福田萌さん以外にも木下優樹菜さんの
「哺乳瓶を露店の氷水で冷やした」、「高熱を出した子供の写真をブログに掲載」等
過激なことをブログにUPしたことでバッシングを受けたこともあります。
なぜ炎上するようなことをブログに書くかというとこれをビジネスとして考えているためです。
所謂炎上商法というやつで炎上すれば人が集まりPV数が上がるためその数が広告収入に反映するためです。
最も最初から炎上させる気でブログを書いている人はいないと思いますが
炎上したらポジティブに考えようとして炎上を受け入れているのかもしれません。

Google Ads