ナオミとカナコ出典:こちらを引用

2016年1月から開始されるドラマでサスペンス系ドラマ「ナオミとカナコ」」が始まります。
タイトルを見て直感でこれ平和なドラマなんだなと思った方全然平和ではありません。
むしろヤバい意味で凄いです。原作が面白いという事でファンもいるので
今日はこのドラマの内容を教え結末がどうなるのかも教えちゃいます。キャスト陣の紹介もします。
ネタバレ苦手な方は読まないほうが良いでしょう。

Google Ads

あらすじとネタバレ

ナオミとカナコあらすじ出典:こちらを引用

このドラマは2014年に発売された奥田英朗さん原作の小説が元になっています。
ナオミの章とカナコの章があり前者では犯行に及ぶまで、後者は犯行後のことが描かれています。
理解したと思いますがこのドラマはサスペンス系のドラマで殺人を犯してしまい
それが主な話の軸となっています。

主人公は小田直美、老舗百貨店に就職し自分の思い通りの部署には行けず
外商部で顧客対応に追われる毎日を過ごすOL

ある日大学時代の親友服部加奈子と夕食をする約束を取り付けたがその加奈子が風邪で行けなくなったと
連絡があった。不審に思った直美は彼女の家に行くとそこには顔を殴られたように腫れた顔の
加奈子の姿があった。どうやら加奈子は日常的に夫からDVを受けているようだった。

そんな痛々しい加奈子を見た直美は警察に行こうと言いだしたが加奈子はそれを拒否する。
そんなことをしたら後で夫に何をされるか分からないと怯えてしまう。
加奈子の夫達郎は一見真面目人間であるがキレると何をするか分からないといった性格の持ち主だったのだ。

その後もDVは続き酷くなる一方の加奈子

「加奈子の望みってなに?」

「普通に暮らしたい。夜は寝て、美味しい水が飲みたい……」

極々普通の暮らしがしたい加奈子

口内の傷とストレスで味覚が正常でなくなっている

そんな姿を見た直美は加奈子が可哀想という思いと同時に達郎への怒りで震えていた

ある日直美は仕事で中国人街に行くことになりそこで達郎にそっくりの中国人密航者を発見し
ある計画を思いつく

その計画とは達郎を殺し達郎のパスポートで中国人密航者が達郎に成りすますというものだ。
この偽達郎が会社のお金を着服し国外に逃亡。
殺人も誰にも気づかれず加奈子は幸せになるというのが計画の全貌。

そしてその計画を加奈子に話す

「あの男……二人で殺そう」

そもそも直美はなぜこのような犯行に及ぶことになったのか?

それは彼女の過去に関係がある。彼女の母親は夫にDVを受けており加奈子と同じように酷い目にあっており
DVで苦しむ女性は見過ごすことはできないという思いも犯行に至った動機の一つといえる。

すべてが順調に行き加奈子がこれで幸せになるかに見られたが二人の犯行を疑う人物が現れます。
達郎の姉である陽子が二人を疑うのです。それから陽子はふたりを追い詰め
加奈子が警察で取り調べを受けるという事態にまでなった。

しかし加奈子は厳しい取り調べを何とか切り抜けることに成功する。
直美は加奈子と上海に逃げることを決めるが陽子はそれを許さず追って来る。
最後は無事出国審査を通り喜び合って終わり。

Google Ads

キャスト

小田直美:広末涼子

  • 百貨店勤務
  • 加奈子のためある計画を実行する

服部加奈子:内田有紀

  • DVに苦しむ
  • ナオミの大学時代の親友

服部陽子:吉田羊

  • 加奈子の義理の姉
  • 自信家で頭の回転が速い
  • 勘が鋭く弟(達郎)の失踪に気付き二人を追い詰める

李朱美:高畑淳子

  • 直美たちに大きな影響を与える
  • 癖のある中国人
  • 中国食品輸入会社の社長
  • 図太い神経

服部達郎:佐藤隆太

  • 加奈子をDVしている夫
  • エリート銀行員

Google Ads