NGT48の発足が発表されアイドル目指す新潟県民にはとても朗報。しかし、多くの人が思うのは「なぜ新潟?」。
決して新潟を貶めるつもりは無いけれど、これまでは東京、大阪、福岡、愛知と首都圏や大都市を中心に拠点を置いてきたAKBグループ。NGT48はなぜ?新潟に発足することにしたのだろうか?その3つの理由をNewBo編集部が読み解いてみた。

Google Ads

1つ目 新幹線の駅

新幹線路線図
image source:新幹線 時刻表|駅探
新潟といえば「雪」と「米」、そして「酒」のイメージがあるが上越新幹線が通る規模が大きい都市だ。そしてこれまでのAKB系列グループは全てこの新幹線の路線にともなって拠点を設置している。
実は新幹線が通っていると人は「そんなに遠くない」と無意識に感じてしまう。東京からでも新幹線に乗れば2時間ちょっとで新潟に着くことが出来る。2時間と聞くと「あれ?そんなに遠くないじゃん」と思う人もいるだろう。
一時期は札幌48の創設が噂されたが、札幌にAKB系列グループが出来なかったのは新幹線が通っていないのが原因かもしれない。

Google Ads

「え」で始まるグループ名

AKB48のロゴ画像
AKB関連のグループのネーミングといえばおなじみの「都市部のアルファベット3文字+48」だ。現在国内ではAKB(秋葉原:東京)、SKE(栄:名古屋)、NMB(難波:大阪)、HKT(博多:福岡)の4つのグループがあるが全てが「え」という発音から始まっている。つまり、アルファベットでいうと「A,F,H,L,M,N,S,X」の8文字がイニシャルになっている都市へ進出しているのだ。
愛知が名古屋ではなく栄、大阪や梅田ではなく難波となったのもAKBのネーミングは「え」から始まるという法則を守ろうとしている動きが見て取れるだろう。
新潟などの上越地方は都市の規模で見れば石川県の金沢あたりも充分都市化しているのだが、金沢に出来なかったのは「K」から始まるのが原因なのかもしれない。

日本海側への拡大

これまでのグループ拠点は見ての通り太平洋側に集中していた。しかし、AKBの運営側はもっと日本中にAKBの文化を広めたいと考え日本海側への拡大を以前から考えていたという。
またスポニチがAKB運営関係者にインタビューした際に以下のように答えている。

札幌や沖縄など次の劇場候補地が複数取り沙汰される中、なぜ新潟が選ばれたか。関係者によると、本州の日本海側に劇場が無かったことが1点。無数の候補地から、古くから繁栄してきた大都市であり、日本海側の本州最大の都市として新潟に決まった。

via: AKB 新潟を選択した理由「AKBの文化を広めたい」 ― スポニチ Sponichi Annex 芸能

negiccoまあしかし、AKBの新潟進出に若い世代は喜ぶ声が多いがやはり30代以降の人の声には否定的な意見も目立つ。
「新潟にはNegiccoとう女性アイドルグループもいるし、アイドルは間に合ってる。」
「娘がNGT48に入りたいって言わないか心配」などなど。

まあ確かに子を持つ親ならばアイドルグループに入るよりは、普通の職業についてほしいと思う親心は大半の人が持っているだろう。

この3つの条件を満たしてきた都市「新潟」はNGT48の参入で今後どのような都市になっていくのだろうか…

この記事を見た人にオススメ!

広瀬アリスの本名は!?兄妹には広瀬すずと兄がいる!?【画像あり】
佐々木蔵之介がフライデー!薬剤師の彼女と熱愛のようで未婚女性が阿鼻叫喚
東出昌大の演技が大根役者!?セリフが下手で棒読みなのは性格とのズレが原因
NGT48 「新潟48」が10月に始動!発表前の移籍しそうなAKB正規メンバーまとめ

Google Ads