脳のアンチエイジング出典:こちらを引用

皆さんは脳についてどう思いますか?10年前に比べ私たちは脳について少しづつですが
知識として理解する部分が多々あると思います。人間はいつか寿命を全うし次の人生へと旅立ちます。
どんな生命力がある哺乳類でもそれが人間の原則原理と言われています。
しかし人間の中には寿命以外でその時が早まる人がいます。その多くは脳が関係していると言われています。
主な原因として病気が挙げられますがその病気の原因は70%が脳に何らかの障害が起きて
それで旅立つ時が早まると言われています。今回は脳が衰退する理由とその脳をどうやって活性化し
長生きするかを話していきたいと思います。
脳をアンチエイジングし脳を若返らせ長生きしていきましょう。

Google Ads

脳の衰退

脳の衰退出典:こちらを引用

私達の行動、動作に深く関わりを持つ脳ですが体と同じく動かさなければ
ドンドン老化し鈍くなっていきます。これは年々どんな強靭な人でも徐々に衰退していきます。
これは避けられない運命で若返りの薬でも飲まない限り
老化するようそういうように体が構成されています。

人間の脳の中で前頭葉と呼ばれる器官があるのですがここは40歳を境に縮んでいくと言われており
脳の検査を受けると年々縮んでいるのがCTスキャンで分かるのです。
小さくなったからどうだ?という疑問を思った人がいるでしょうが
ここが小さいという事がどういう事かと言うと記憶や計算をするのが以前に比べて遅くなってしまうという
事が起きてしまうのです。数年前に携帯端末で「脳トレ」というのが流行したのを覚えているでしょうか?
アレは脳を使って鍛えアンチエイジングするというものです。
もう理解していると思いますが体にしろ脳にしろ使わなければ衰退していきます。
例えばプロ野球選手は現役時代血の滲む様なトレーニングをしますが引退しそれを辞めてしまうと
徐々に肥満になっていきます。同じことが言え、脳は使わなければドンドン衰退し
寿命を縮め病気に冒されやすくなるのです。

Google Ads

脳の活性化

脳活性化出典:こちらを引用

その壱:運動

単純なことですが体を動かすこと=脳の活性化が出来ます。胡散臭く思われるかもしれませんが
これは事実です。ウォーキングをするという人は最近では増えてきていますがアレは
脳には最適と言われています。なぜかと言うとウォーキング所謂歩くという行為は脳が指令を出し
筋肉に命令を出し動作するため脳を使うという行為に当たるため鍛えることが出来ます。
現にウォーキングをしている人は脳が鍛えられている為健康診断で引っかからないのです。

詳しく言うと運動すると血液循環が良くなり栄養や酸素が脳へいくため健康な脳になり得るのです。

脳にはニューロンと呼ばれる器官があります。学生時代理系の授業で習ったと思いますが
コレは脳にある神経を伝える細胞のことで枝みたいに分かれており、それが他の細胞と繋がって
様々な情報を伝達するのです。この回路は「考えること」に関わるため年々衰え減っていきます。
しかし運動をすることでその現象スピードを遅らせることが出来るのです。

その弐:食べ物

脳の活性化に良いと言われるのは抗酸化物質が多く含まれる食材だと言われます。
良く老化防止には野菜やフルーツが良いとされますがこれはその抗酸化物質が多く
含まれているからなのです。老化は活性酸素で細胞が溶けてしまいます。
もっと簡単に言うとその活性酸素がニューロンを壊してしまうため考える力を減らしてしまうのです。
しかし抗酸化物質はその活性酸素を中和する働きがあるので酸化を防いでくれ老化を防止できるのです。

その参:睡眠

人間にとって当たり前の行為睡眠が脳には良い効果があるとされています。
良く寝不足で会社や学校に行って寝てしまう人がいます。それは睡眠をとっていないせいで
脳の効率が悪く脳が働いてくれていないからです。考えてみて下さい。
24時間睡眠をとらず働いた場合確かにそれだけ仕事をしているという事になるため効率的だと
思われるかもしれませんが脳にとってはマイナスになるのです。どういう事かと言うと
脳は使えば使うほど活性化すると言いましたが使い過ぎるのも良くないのです。
脳が働くにはその上限が決まっておりそれを超えると脳は危険信号を送り働きを抑制してしまうのです。
そのため睡眠をとりリセットしなくては脳がどんどん衰退してしまうのです。

Google Ads