掟上今日子出典:こちらを引用

すでに10月から開始されるドラマ情報が更新されています。
まだ7月のドラマも開始したばかりだというのにもう秋ドラマが決まっています。
その中でも注目なのが新垣結衣さん主演の「掟上今日子の備忘録」です。
このドラマの原作者は化物シリーズでもお馴染みの西尾維新さんという事で
面白いストーリーになっていると思われます。
そのドラマ開始前にあらすじがどんなものなのか見ていきましょう。

Google Ads

【あらすじ】

掟上今日子備忘録あらすじ出典:こちらを引用

ミステリー系の物語のようで「忘却探偵シリーズ」と呼ばれています。
主人公は前向性健忘という病にかかった美人探偵で寝てしまうとそれまでの記憶が一切なくなってしまう
厄介な病を抱えています。探偵は捜査の手がかりや重要な情報は寝てしまうと
全く空っぽ状態になるぐらい忘れてしまうため事件は即日解決が原則で
数日間取り掛かった事件は少ないです。例外もアリ難解な事件の場合
その間一睡もせず事件に集中し解決したら爆睡するというものが殆どです。

原作ではとある男による語り部でその男の視点により物語は描かれていきます。
男の名は隠館厄介(かくしだて やくすけ)というあまりイメージが良さそうでない名前で超がつくほど
不運な男でミステリー系のドラマや漫画を見る人は良く思っていると思いますが旅行や
自分が行くところどころに事件やら殺人事件が起こるという不運な人間と言うのを
見たことがあると思います。まさにそういう男で警察の人間でもかといって探偵でもない
どこにでもいる普通の男がことあるごとに遭遇しなぜか犯人扱いされてしまうという不運な男です。

学生時代よりその性質が発揮し就職活動時には面接に行けば事件に遭遇し、失敗しまた職探しになったりと
不運が重なるのです。就職活動に成功したはいいもののその企業の大半は行方不明に成ったり倒産したりと
まるで疫病神のようなことが起きるなんてことも珍しくありません。これらの事件があったため
警察の公安に目を付けられ常時監視体制を取られ怪しい要注意人物とさせられてしまいます。

ですがこの危険な人生を回避する手段を思いつきます。それは探偵を雇う事です。
事件にあったら自腹で探偵を雇い事件を解決してもらい自分が犯人でないという事を証明してもらうのです。
なので彼の携帯の番号は探偵の電話帳だらけとなっています。探偵業界ではこの男はお得意様で
その中の探偵でも優秀というわけではないが最も信頼しているのが
物語の主人公掟上今日子(おきてがみ きょうこ)です。

彼女の方針はどんな事件も1日で解決できるという宣伝文句で顧客を増やしています。
お客さんからしてみれば頼もしくありますがこれは注意書きで知っての通り今日子は
眠ると忘れてしまうためさっさと事件解決をしなければならないためこういうものを掲げているのです。
会社の理念のようなものを掲げても寝れば忘れてしまうためこれはお客さんの為と言うよりも
自分のために掲げているようなものです。

こんな危なっかしい探偵に依頼する人間などいなくてさぞ貧乏探偵だろうと思うでしょうが逆で
依頼を殺到し日々案件を抱え売れっ子探偵として有名です。この物語の「掟上今日子の備忘録」は
不運な男が自身に降りかかった事件を解決してもらうために忘却探偵に助けを求める変わった物語です。
彼女は隠館が依頼するたびに「はじめまして」と挨拶をしますがこれは会ったことを忘れてしまうため
初対面の挨拶をしています。何回も会った人でも記憶がリセットされてしまうため
こういうようなシーンを目にします。

Google Ads