表参道高校合唱部出典:こちらを引用

7月から放送開始されたTBSドラマ「表参道高校合唱部」の視聴率が発表されましたが
どうもあまり視聴率が取れなかったようで6%前後という情けない記録を出しました。
学園ものということで期待はしていた人が多いのでしょうがなぜ視聴率がこうも低かったのでしょうか?

Google Ads

【視聴率がダメだった要因】

主役が無名

芳根京子出典:こちらを引用

これは大きいと思います。芳根京子という女優さんなのですが視聴者の方はこの人誰?という疑問が
浮かぶ人が殆どだと思います。それもそのはずこの人は最近ここ2-3年に芸能界に入った新人さんで
代表作というテレビや映画もほとんどなく出演しても脇役がせいぜいで主演というのは初めてです。
しかも今回のドラマへはオファーとかではなくオーディションにより選ばれたため
無名で光るものがあったから選ばれたのです。そのため視聴率はしょうがないと思います。
そしてこの視聴率は制作サイドとしては範疇内だと思います。無名の女優を主役としている以上
普通のドラマのように1回目からドンッと視聴率を記録することは期待していなかったはずです。
この作品は主演女優の成長と共に回を増すごとに視聴率が伸びていけば
良いという考えではないでしょうか?

Storyがしょぼい

内容は見ての通りの学園もので視聴者がワザワザ見るという内容のものではありません。
一昔前学園ものが流行した頃ならこの手のストーリーはヒットしたでしょうが
今は時代が違いこういう内容では飛びつく人は少ないでしょう。

Google Ads

【今後無名だらけで大丈夫か?】

表参道高校合唱部無名俳優だらけ

これが普通だと思われます。日本のドラマの特徴として第一にキャスティングがきて
おかしなことになってしまいます。それは人気があれば食いつく人が多く視聴率も上がると
考えそればかりに目を奪われ内容や役者自体の演技など二の次と思ってしまっているのが現状です。
他の国のドラマの場合知名度があまりない演技重視の役者を積極的に取り入れ
人気ドラマになっているというのが殆どです。

少し脱線してしまいましたが気になるのは無名だらけのままのドラマで大丈夫かと心配になる人も
多いかと思います。確かに今までキャスティングありのドラマを見てきた人からしたら
この先視聴率が下がると思うでしょう。しかしコレが普通だと思います。
今までが今までだったため視聴率の落差が激しく安定しませんでした。
無名という事で最初は数字はついてこないというのは分かっていたことなので制作サイドとしては
問題ないでしょう。視聴率というのは最初低い数値を出すとそれがポテンシャルと思い
それよりも上がるのは難しいと言われています。あの「半沢直樹」や「天皇の料理番」も
最初が良かったから安定して最後まで行けたのですから。しかしこのドラマに限って言えば
役者と共に視聴率も伸びていくことを目標としているドラマのためストーリーや役者陣の演技により
視聴率の変化は徐々に向上していくと思われます。

Google Ads