大友花恋出典:こちらを引用

芸人の映画監督といえばビートたけしさんや松本人志さんらが有名ですが
ウッチャンナンチャンの内村光良さん監督と主演を務める映画「金メダル男」が今年の秋公開されます。
それに出演している女優でモデルの大友花恋さんが注目を集めています。
今日は彼女について調べてきました。

  • プロフィール&経歴について
  • ドラマの演技について

Google Ads

プロフィール

大友花恋のプロフィール出典:こちらを引用

彼女の芸能界のデビュー自体は小学生の頃から在籍しています。
雑誌の読者モデルをしていて中学に入学前に現事務所の「研音」のオーディションに応募し合格しています。
彼女が芸能界に入ろうと思ったのは子供らしい考えなのですが
一般人では着ることがない可愛い服が着られテレビに出演できるといった子供らしい理由から
芸能界に入ろうと思ったらしいです。

ドラマデビュー

彼女が初めて女優としてデビューしたのは2012年の大政絢さん主演の「結婚同窓会」という
ドラマの波瑠さん演じる夏目蓮花の中学生時代を演じたのが初めての演技でした。
その後チョイ役をこなし知名度と評価が業界関係者に広まった頃の2015年には
月9ドラマ「恋仲」に出演しブレイクしたと言われています。

モデル業

女優ばかりに目がいきやすいですがそれ以外の活動として2013年セブンティーンの
専属モデルオーディションに応募し見事グランプリを獲得し専属モデルとなり現在では
モデル業と女優業の両立をしています。

現在

今年は内村光良さん監督の映画「金メダル男」に出演し話題になっています。
お笑い芸人特に有名な芸人ですので注目度は高く彼女の名は全国区になるのは案外早く
ドラマや舞台のオファーが来ると思われます。特に映画内でどんな役を演じるかによりますが
インパクトが残せれば彼女はあっという間に名が知れ渡ることになるでしょう。
過去のお笑い芸人の監督作品を見てもまずヒットしないなんてことはまずあり得ない為
この作品に出演する彼女は女優としての演技の出来によって
今後の活動に大きく響くことは確実ではないでしょうか。

Google Ads

演技力

大友花恋の演技出典:こちらを引用

彼女が所属している事務所は大手芸能事務所の【研音】です。
この事務所は誰もが知っている俳優や女優が多数在籍し演技力も高く評価されている者が殆どです。
彼女は映画「案山子とラケット」で演技が良かったと一般視聴者から評価され、
彼女の演技を下手や酷評する人はあまりいません。恐らく研音で演技の基礎を身に着けている為
今の活躍に結びついているのでしょう。

研音は最近では俳優の福士蒼汰さんや山崎育三郎さんらの活躍で若手が注目され
その所属タレントへの演技指導が高評価されています。彼女も恐らく仕事の傍ら演技を身に着け、
女優として演技力を高めているのだと思われます。今回の映画「金メダル男」に出演に至ったのは
事務所の力と本人の演技が評価されてのものだと思われますので。

Google Ads