Osechi
お正月に食べる定番の料理といえば「おせち料理」。正月という節日をとても大事にする日本人ですが、その1年で一番大事な日に食べる風習があるおせち料理。
でもよくよく考えたら、おせち料理を食べるようになった由来ってなんだろう?と疑問に思ったことはありませんか?
他にもおせち料理には定番のあの食材、この食材。なんだか縁起が良いらしいけど意味知らんわ。という人も少なくないはず。

Google Ads

おせち料理を知って楽しく食べよう

とてもおめでたく有り難いおせち料理。どうせならその由来と食材の意味を知って、おいしく楽しく食べたいですよね♪ということで今回は年明け直前特集「おせち料理を知って楽しく食べよう」コーナーです!特に若い人はこれを知ってると感心されるかも!?

Google Ads

おせち料理の由来

おせち料理を食べる風習が出来たきっかけは、実は中国からつたわってきた「節句」に深い関係があります。節句とは3月3日のひな祭り(桃の節句)、5月5日のこどもの日(端午の節句)、というように奇数の月日が連なる日(節日と言います)はめでたい日であるという暦上の決め事です。
現在の暦では1年の間に節句は5回あるのですが、その中でも新年を迎える1月1日という節日は特別に大切なものでした。なので、1月1日には大層なお料理を用意してお祝いをする風習が生まれたのです。おせち料理は漢字で表すと「御節料理」となり、まさに節日に食べるための料理だということがわかります。

おせち料理の食材の意味

おせち料理に飾られる食材たちは全てが新年を迎える日に食べるにふさわしい意味を持っています。今回はその中から特に有名な食材を紹介します。

海老

腰が曲がるまで長生きをしましょう、という長寿を願う意味がある。

数の子

卵がぎっしり詰まっているので、子宝を願ったり、子孫繁栄を祝う意味がある

かまぼこ

紅と白の色をしているかまぼこの色の組み合わせには昔からおめでたいという意味がある。

黒豆

日に焼けながらまめに働く、つまり堅実にそして健康に暮らせることを祝う意味がある。

錦玉子

白身と黄身の色の組み合わせが、金と銀を連想させることから富や財産を祝い意味がある。

れんこん

見通しが良い人生がおくれる事を願う意味がある。

いかがでしたでしょうか?おせち料理には昔からの由来と、豊かな食材の意味が隠されているのですね。
このように食材へ深い意味を込めることが出来るのは日本人のとても美しいところでしょう。皆さんもおせち料理の由来と意味をしっかり予習してお正月を楽しみましょう!

Google Ads