鈴木Q太郎出典:こちらを引用

お笑い芸人の鈴木Q太郎さんが最近まで離婚危機だったことが分かりました。
以前は頻繁にテレビやメディアに露出していましたが最近はたまにしか目にする機会がありません。
このニュースでまだ生き残っていたんだと思った人もいたことでしょう。
以前番組で夫婦出演をした際なにやら夫婦仲が悪いことやドッキリ企画で
離婚届けを書くかどうかということをやっていましたがリアルにそういう状況になる寸前だったようです。
幾度となく離婚危機があったようですがその辺を話していきましょう。
そしてその嫁ですが会社の社長を務めているようですがどういう事でしょうか?

Google Ads

【嫁との関係】

Q太郎と夏子出典:こちらを引用

二人は2010年に結婚しましたがそれまでに7年間交際をして結婚しています。
ですが夫婦仲は悪いことは有名で嫁のツイッターでも度々仲が悪いのを呟いでいるぐらいです。
そもそも仲が悪くなった原因というのはどうやらQ太郎さんが家にお金を入れないから
それでストレスが溜まって仲が悪くなったようです。確かに夫が家に収入を入れていないのでは嫁としては
イライラもすると思います。コレで子供が出来ていたら真っ先に離婚していたと思います。
その後我慢の限界を迎えた奥さんが結婚指輪を置いて家を出て神奈川県は湘南に一戸建てを建て
そこで暮らすことになります。別に彼女は浮気をしたわけでなく夫が生計を立てることが出来ないから
そういう行動に出たと思われます。Q太郎さん自身は離婚は考えていなく、
単身赴任ということにしていますが奥さんからしたら
もう離婚しても良いぐらいの覚悟はできているようです。
そしてそれらのことがあり離婚届けに手を伸ばすことになるわけですが現在は修復に向けて
夫婦仲は回復とのことで離婚は回避できたと思われます。
ですが現状Q太郎さんの芸能活動を見ても明らかなようにそれほどの収入があるわけではないため
奥さんとしてはまだ油断はできないという事でしょう。

Google Ads

【嫁が社長?】

Q太郎と夏子出典:こちらを引用

驚くべきことに嫁の夏子さんは社長令嬢だそうです。
一般人ということでOLさんか普通の会社員かと思えば裕福な家庭で育ったようです。
なんでも「セメント新聞社」の社長令嬢ということで彼女自身社長を務める予定らしいです。

そもそもセメント新聞社とは?と思った方もいたことでしょう。
簡単に言えば読んで字の如くセメントやコンクリート関連の専門誌のようで年間購読で
約40,000円程度かかるようです。歴史は古く1949年から創刊しており国内外のセメント、生コンクリート、
コンクリート製品等を専門に扱った新聞で業界人曰く
「この新聞で最新の経済情報からセメント等の情報が分かる」と業界人からしたら
手に取って当たり前の新聞のようです。業界人でない普通の一般人からしたらまったく興味がないし、
需要などあるのかと疑問に思えますがそういう業界では必要な新聞のようです。

社長令嬢ということで将来は社長に就任することが決まっているようなもので現在は勉強中のようです。
ちなみに夏子さんの現在の仕事はスタイリストで売れっ子スタイリストということもあり
年収は軽く1000万円を超えているため一戸建てを買えたのも頷けるでしょう。
そして彼女は結婚する時姓をなくすのは嫌だと言いQ太郎さんを婿養子としています。
それを見る限りQ太郎さんが次期社長になると思われるかもしれませんがそうではなく
夏子さんが次期社長になるために姓を変えたくなかったと考えられます。
スタイリストをやりつつ社長となるための勉強をしていて時機に社長就任するという事らしいです。
一戸建て建築ですが社長令嬢なら自分で買ったという事も考えられますが
セレブという事で支援があっての購入だったのではないでしょうか。

Google Ads