菊池凜子の画像出典:こちらを引用

菊地凛子さんを知っていますか?この方は今年の1月に俳優の染谷将太さんと結婚したハリウッド女優です。
この人はどちらかというと日本で活躍している女優というよりも海外で活躍している人という
イメージを持っている人が多いです。
現に日本のドラマや映画、舞台はちょくちょく出演しているものの海外のほうが出演は多いです。
この女優を初めて我々日本人が知ったのはハリウッドの映画だったので
ハリウッドで成功した日本人女優というイメージです。
その菊地凛子さんは今年の初めに結婚して新婚なのですがあまりそのことを喋らないです。
実際旦那さんがどういう人か調べてみました。そして海外ではこの女優はどう評価され、
英語や演技はどうなのでしょうか?
NEWBO編集部にも海外留学経験者がいますが日本人は低く見られるため
気になってネタとして書いてみました。

Google Ads

【旦那】

染谷将太の画像出典:こちらから引用

旦那さんの名前は染谷将太という名前で9歳の頃より役者として活躍している人です。
しかもショッキングな役でちょっと有名な人だったようです。
現在も「悪の教典」や「パンドラの匣」といった話題性がある映画に出演し期待されている
若手俳優の一人として注目を集めています。
出身校は日出高校出身で目黒区にある幼稚園から高校までエスカレーターで進学した
お坊ちゃんで受験というものを経験せずに学生時代は過ごしました。
この高校は普通の高校ではなく、芸能人の子供が良く通う高校で周りは有名人の子供がいるといった
芸能学校化と化していたようです。
彼は幼少期より芸能活動と学業を両立していた方だったため
芸能活動を優先出来る心の広い学校だったようです。

お坊ちゃんということで親がちょっと有名な方のようで元男闘呼組の高橋和也さんが父親のようで
サラブレットという事になります。学校が芸能人ご用達のところに行くのも当然でしょう。
芸能人の子供というだけで変に見られるなんてことも普通なので
こういう芸能人が多く通っている学校のほうが環境はいくらかマシになるでしょう。

菊池凜子さんとの出会いは普通両方とも役者さんという事でドラマや舞台、映画で共演したパターンが
一般的ですがこの二人に限ってはそれではなく友人の紹介で知り合ったというのが
ファーストコンタクトのようです。共通の友人がいてその人を仲介に知り合い、
惹かれ合ったという事らしいです。菊池凜子さんは海外で活躍していたので
あんまり接点がなさそうですが意外なところで赤い糸が結ばれていたようです。

Google Ads

【英語】

菊池凜子の画像2出典:こちらから引用

この方はハリウッドで活躍している女優というのはあまりにも有名な話で英語が普通に喋れるという事です。
日本のテレビ番組でインタビューや英語を話しているところを見たことがある人は
流暢な英語を話すと思っているのではないでしょうか。
彼女は元々英語が苦手だったようで幼少期に留学や海外に住んでいたとか
そういうアドバンテージはなかったようです。
本格的に英語習得を始めたのは2012年と最近のことのようで短期間に
英語が普通に話せるようになったようです。
日本人でハリウッドで活躍している役者さんは数少ないですが英語習得は必須となっているため
拒否をするわけにもいかず死に物狂いで習得します。
かの真田広之さんも同じく英語が喋れなかったのを努力で喋れるぐらいの英語力を
身に着けたと言われていますし、これから日本人がハリウッドで女優として働くには必須となってきます。
菊池さんのように努力で習得も可能なのでこれから先英語を習得する芸能人が増えるのではと思われます。

【演技】

菊池凜子の画像3出典:こちらから引用

日本の女優というと知名度や人気ありきで演技をガン無視するという傾向があります。
この方はというとそうではなく実力があることは証明されています。
現にハリウッドの映画「バベル」でその演技力の高さが認められ、新人女優賞を獲得しています。
その後その演技を誰もが認めているということで数々のハリウッド映画に出演し、
ハリウッドでのキャリアを積んでいます。ちなみにその中の一つで映画「パシフィック・リム」は
彼女の役自体彼女が演じることを前提に設定された役らしいです。
普通はどんな役が決まっている状態で俳優や女優をキャスティングするものですが
これは菊池凜子さんが演じることが決まっていたのか分かりませんが
そういうことを前提で役が作られたようです。

そして彼女は日本という狭い視野での活動を目標にはしていなく海外で活躍するという目標があったため
所属していた事務所を辞めてフリーでエージェント契約を結び仕事をしているという事らしいです。

Google Ads