リスクの神様の視聴率出典:こちらを引用

7月から開始されたフジテレビのドラマ「リスクの神様」の視聴率が発表されました。
しかしそれほど大きな数値は記録できませんでした。このドラマは我が編集部の男女ともに見たという人が
いたのですがなぜ不評だったのか分かりません。社員は録画やリアルタイムで見た人がいますが
別に数値が下がる要因はなかったと言っており面白かったと言っていますが
果たしてどうだったのでしょうか?

Google Ads

【伸びなかったのはなぜ?】

リスクの神様伸びない理由出典:こちらを引用

同時間帯での対決

このドラマは日本テレビで同時刻に放送された「花咲舞が黙ってない」と視聴率対決をしていました。
そのため明らかにフジテレビよりも日本テレビを見たという人が多かったため響いたのではと思います。
フジテレビは最近視聴率が不振でしたし日本テレビは悪くない視聴率だったので。

主役や準主役

最近のドラマではジャニーズなら事務所のゴリ押し女優や俳優を主役に持ってくるなんてことをしている
ドラマもある中このドラマは実力ある役者を起用したことは良いでしょう。
これがイケメンが売りで演技力もなかったらもっと数値は低かったはずです。

ストーリー的には合格

これは男女関係なくストーリーが面白いということを言う人が多いです。
確かに数値上では10%未満台と振るいませんでしたが別にストーリーやキャスティングが
悪いといったことではないように思えます。

主役のキャラクター性

主役の堤真一さん演じる西行寺智は海外ではリスクの神様と謳われるぐらいその分野にとっては
スペシャリストいうことで偉そうな人かと思っていたらジョークも言える
ちょっとおちゃめけある人物で好感が持てました。それに引き替えこれまでエリート街道突っ走り
挫折など一度も味わったことがない神狩かおり役の戸田恵梨香さんのキャラクターも良かったです。
最初は西行寺が来ても大きな顔はさせないとばかりに強気な態度を取っていたが自分の失態で
追い込まれるがそれでも屈しないというところが次回を見たくなるキャラクターとなっていました。

足手まといがいないキャスティング

大抵のドラマではキャスティングに問題があり視聴率が取れなかったという事が良くあります。
例えば準主役級の役者の演技が下手過ぎて主役の演技が光らなく視聴率に響くという事も良く目にします。
このドラマに関しては主役、準主役とほとんどが演技が高評価されている人が殆どで
演技で視聴率に響くといったことはないと思います。視聴率も初回は振るいませんでしたが
挽回は可能だと思います。

ストーリーの先

最後に西行寺が河川敷で父親と思われる老人と会話しているのが描かれ次回に続くという終わり方でした。
これは一体どういうことだ?という視聴者から疑問が発生し次回も見たいと思わせるストーリーでした。
恐らく伏線で徐々に明らかになるっていうストーリーだと思われます。
そして主役の西行寺の過去と神狩の過去も明らかになってくるでしょう。
初回ではその触りとしてタッチした部分があるので2話以降関わってくると思われます。

Google Ads