リスクの神様出典:こちらを引用

あの朝ドラ「まれ」や大河ドラマ「龍馬伝」でも味のある演技をして高評価されたダンサーであり
俳優の「田中泯」さんが7月より開始されるフジテレビのドラマ「リスクの神様」に出演することが
決定しました。どういうドラマか紹介しましょう。

Google Ads

【あらすじ】

リスクの神様のあらすじ出典:こちらを引用

主人公は西行寺智(演:堤真一)と言い以前アメリカはGE社や政府関連の危機管理に携わり
数々のトラブルを解決した伝説級の危機管理専門家として有名な人物である。
その評判が日本にも届き日本最大の商社「サンライズ物産」の危機対策室長として雇われます。
西行寺の経歴は大学はアメリカへ渡り数多の職業経験をし、弁護士資格を取得後大手弁護士事務所で
企業トラブルに関連する案件を経験し、その後危機管理専門家として独立し、法律、
スポーツ兵器から科学とオールマイティなジャンルを守備範囲とし実践豊富な知識量が持ち味となっている。
性格は個人主義且つ慎重派で目的のためなら誰を犠牲にしようと遂行する男と言われ、
言論を武器にどんな相手でも懐柔や論破をしどんな権力を持つ者でも容赦なく叩きのめし会社を幾度となく救ってきた。

 

ヒロインは神狩かおり(かがみかおり)で演じるは女優の戸田恵梨香さんです。
役柄としては西行寺が危機管理対策室長として雇われたサンライズ物産の総合職を仕事としている
女性社員です。東大卒で電機部門を担当して同期の中では一番の出世頭で役員出世もそう長くないと
言われた逸材です。ただの東大卒の女ではなく語学が堪能で英語をはじめ中国語やロシア語等
数か国語を操る帰国子女で契約を取るためならどんな汚いことでも厭わない非常な上昇志向がある女で
度々上司や同僚とトラブルといったことも珍しくはない。
次世代型バッテリー「LIFE」を世界的電機メーカー生島電機と共同開発し、新会社を立ち上げ出向、
商品開発担当役員に抜擢され、順調な出世街道を突き進むかと思われたがその「LIFE」を搭載した
家電製品が次々に発火するということが起きリコール問題に巻き込まれ、
危機対策室に追いやられ西行寺と共に働くことになるが……。

Google Ads

【ポイント】

ポイント

このドラマのテーマは選択となっており登場人物たちが危機に直面した時何を選択するかというのが
キーポイントになっています。そしてこのドラマは主人公である西行寺がどんなトラブルを抱えた企業で
どういう選択をし、救うかというのがドラマの注目するポイントでもあります。
危機管理の専門家として今まで解決できなかったことはないという自信でトラブルに挑む西行寺と
今まで出世街道から外れ西行寺と共に働くことになった神狩はその西行寺と共に
どう向き合うのかというのも注目の一つです。

 

原作は存在しないところをみるとこのドラマはオリジナルストーリーで物語は進むようで
先の読めない展開となっているようです。昨今では漫画や小説が原作としてあるモノを
ドラマ化して失敗しているということもあり今回は原作がないものでの挑戦としたのでしょう。
フジテレビと言えば視聴率が低迷しているため何とか他局の追従をしたい所なので視聴者が
ワクワクする展開するドラマを制作したのでしょう。
原作があるとその原作を読み先の展開が分かってしまいますが、原作がないと先の展開が読めないので
視聴者としてはドラマを見るようになるので。

Google Ads