大原櫻子出典:こちらを引用

月9ドラマで主人公の妹役として出演する大原櫻子さん今期注目されている女優さんらしく
今年に入って映画にも出演し10代の女の子から絶大な支持を得ておりブレイクしそうな女優として
挙げられています。女優としてだけではなくこの人は歌手としての顔を持ち
CDを3枚ほどリリースしているらしいです。ドラマとしての演技はどうなのでしょか?
歌手として歌は評価されているのでしょうか?

Google Ads

【演技力と歌唱力】

大原櫻子の演技と歌唱力出典:こちらを引用

映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」のヒロインを演じ日本映画批評家大賞新人女優賞を受賞し
演技については認められているように思えますが実際のところはというと上々で
まず下手や批判的なことをいう人が殆どいません。評価ポイントとしては何ものにも染まっていない
その透明感ある雰囲気と女優の何の色もついていない自然体の演技が評価されています。

この方あまり演技経験はないにも関わらず新人女優らしい初々しさが前面に出てそれプラス
彼女自身の容姿の可愛らしさが演技に相乗効果を得て視聴者に良いイメージを与えているのです。

この人はパッと出で何の演技経験もないと思われますがそれにはちゃっとしてカラクリがあります。
彼女は幼少期より歌と演技に大変興味があったようで海外のミュージカルをキッカケに演技や
歌の世界に進みたいと思った人です。この人は成城ミュージックアカデミーに通っていたこともあり
そこで歌と演技の基礎が作られたのではと思われます。何の基礎も出来ていない人間がさして
演技経験もない役者が高評価されるわけありませんので基礎が出来ていたため
視聴者に受け入れられたと思われます。

ちなみにそのほかにもピアノ11年、バレエ9年、ダンス10年と歌と演劇に通じるものを
幼い頃より習ってきたという事も現在の活躍に関係しているのでしょう。
そして高校時代からは本格的に歌手の道に行くためにトレーニングをしていたようで
ボイストレーニングを取り入れいつかデビューする日に備え怠らなかったらしいです。
良くボイストレーニングの代用として一人カラオケをやっている人がいますが
この人の場合ボイストレーニング一本で鍛えられたようです。

Google Ads

【家族が凄い】

大原櫻子の父親は林田尚親出典:こちらを引用

母親は歌が上手いらしくカラオケで「アタックNO.1」を歌って100点を出したことがあるらしいです。
しかし100点を出したからと言ってそれが歌が上手いことには成りませんが
それなりに歌唱力というのは遺伝で受け継がれていたことが分かります。

そして父親ですがこれも驚くことに林田尚親さんらしいです。誰?と思った人無理もありません。
あまり顔出しでの出演はしていなくどちらかというとナレーターとしての印象のほうが
大きいと思います。この方「ザ!世界仰天ニュース」、「行列のできる法律相談所」、
ぐるぐるナインティナイン」といったバラエティのナレーターを担当しており
誰でも聞いたことがある声だと思います。

父親はナレーター、母親は歌と歌や声に関する事に関してはサラブレットと言っても良いぐらい
良い血統をしているのです。歌が評価されるのも演技が評価されるのも分かるというものでしょう。

Google Ads