真田広之の画像出典:引用先

真田広之さんは最近日本の映画やドラマに出演していないのをご存知かと思います。
別に彼が何かの不祥事を起こしたり干されたとかそういう事ではないです。
真田広之さんは日本での活躍よりも現在はハリウッドを中心に活躍を希望しているため
滅多なことでは日本で役者として出演することはないです。
今は海外ドラマやハリウッド映画に出演しています。
渡辺謙さんに続く成功した日本人の一人だと言われています。
海外ドラマが好きな人は真田広之さんが出演している回や映画を見たことがあると思います。
今回はその真田広之さんのことについて話していきましょう。
本当にアメリカで役者としてやっていけているのでしょうか?
英語を普通に話しているところを見たことがある人もいるでしょうが
いつ話せるようになったのでしょうか?そして彼自身が出演しているドラマの評判はどうなのでしょうか?

Google Ads

【海外ドラマの顔】

真田広之の画像2出典:引用先

真田さんを海外ドラマで見る機会がある方が結構いるのではと思います。
大ヒットした「LOST」シリーズに出演したり、「リベンジ」という復讐をテーマにしたものに出演したりと
普通にアメリカのドラマに出演しています。しかもそれらはすべて日本語で喋っているのではなく
英語で演技をしているため評価が高いです。ほとんどがゲストとして出演していますが
重要やキーパーソンとしての出演のため高評価へと繋がっています。

ハリウッド俳優はただ単に演じるだけという人が殆どで裏方のことなどどうでも良いそうです。
しかし、真田さんは違ってドラマや映画どちらも日本的要素がある設定では
積極的に口を挟みアドバイスをするそうです。
その態度はハリウッドでは珍しいようで珍しがられていますが、
アメリカはスタッフの横のつながりが強いため日本の設定で分からないところは
すぐ真田さんに相談するという習慣が出来つつあるようです。

Google Ads

【英語が堪能】

真田広之の画像31出典:引用先

真田広之さんは幼いころに海外で生活していたとかハーフとかそういうアドバンテージは一切ありません。
彼は海外進出の際にまるで受験生が試験に合格するように猛勉強して話せるようになったようです。
アメリカでは日本語を話す人なんてほとんどいなくいたとしては極少数です。
あっちでは演技が出来れば日本語でも良いかと言えば違い、
アメリカの公用語は英語で英語が話せなければ意味がありません。
極端なイメージで例え日本の至宝の俳優でいくつも賞を受賞していてもあっちでは
経歴には目を通すが英語を話せないのでは門前払いが良い所です。
努力という陳腐な言葉で片付けられないぐらい努力はしたと思います。
恐らく日本の書店でどこにも売っている書籍を使って話せるようになったという事はなく、
あっちで身近に英語がある環境で身につけられたのだと思います。
日本人が英語を話せるまでいくとなると参考書や書いてあるモノだけでは無理です。
一番の方法は英語を話せる環境に身を置き身に着けさせることです。

真田さんの場合単に日常会話程度の英語が話せても意味はありません。
彼は留学生でもなくハリウッドの俳優として活躍するのが目的なので
高度な英語のコミュニケーション能力が必要だったのです。
そのおかげで今では普通にハリウッド俳優と普通に英語でコミュニケーションをとれるぐらいの
語学力が身についています。

【海外進出の理由】

真田広之画像83出典:引用先

そもそも真田さんはなぜ海外という困難な道を突き進んできたか分かりますか?
普通に日本で俳優をやっていれば良いものをなぜ海外に行って英語を習得してまで
ハリウッドで活躍しているのか?
それは自分自身の挑戦と後に続く俳優陣のパイオニアとして道を作っておきたいからだそうです。

アメリカでは様々な人種の人が役者をしています。
ですが現実は厳しくて日本人という事で下っ端以下の目で見られてしまいます。
日本人は海外進出でハリウッドにスムーズに行けるかと言われればそうではありません。
日本と海外では見えない壁が存在します。
それが日本人が積極的に海外で役者としてやっていけない理由でもあります。
真田さんはまだ整備されていない海外で日本人が役者として成功する道を作っているという事らしいです。
彼は将来は俳優としてだけではなく若い世代の育成や映画プロデュースを希望しているそうで
その布石としてこういう厳しい道を突き進んでいるのではと思います。

Google Ads