日本代表サッカー出典:こちらを引用

日本のサッカーは近年急成長を遂げています。10年前と比べると明らかに実力が向上しているのが
分かります。日本がプロ化をして約20年は経過しています。
ようやく世界とスタートラインに並ぶまでになりました。しかし、日本は決定力不足だったり
W杯では中々成績が残せていないのが現状です。一体なんで決定力不足だったりこれほど弱いのでしょうか?
そしてそれとは正反対になでしこJAPANは世界でも強い部類に入りますが何が強いのでしょうか?

Google Ads

【日本が弱い理由】

弱い日本代表サッカー出典:こちらを引用

間違った育成法

日本サッカー協会が推進している若手所謂ルーキーから20代における世代の育成指南方法が
すでに間違っています。日本人が世界から見て弱いとされる要因にメンタル、フィジカル、身体能力、戦術眼
あります。この中でもフィジカルや戦術眼は努力でどうとでもなることを本田選手が証明してくれています。
その証拠にロシアやイタリアの最高峰リーグで活躍しています。仮に日本サッカー協会の育成方法が
正しいのなら本田級といかなくてもそれなりのタレントが揃っているはずなのですが
ヨーロッパリーグに参加している代表選手が何人かいますが普通ならスタメン全員がヨーロッパで
活躍していてもおかしくはなく現にヨーロッパの国々以外のアメリカやアフリカ系の国の代表の人たちは
殆どがヨーロッパのどこかのリーグに所属し活躍しています。

サポーターの質が低下

サポーターは第二の選手と言われるぐらい世界では重要とされています。
ヨーロッパのクラブチームや代表チームの試合を見たことがある人はいると思いますが
日本と比べ質が高いのが特徴です。向こうのサポーターというのは調子が良ければ応援、
褒めますが少しでも悪ければ徹底的にブーイングしたりと激しいのが特徴です。
日本ではそれらの国々と比較して明らかに本物のサッカーファンがいないという点が挙げられます。

アジアレベル

日本は昔からアジアでは上位に行きトップレベルと言っても良いぐらいの実力と実績を
示していますが世界レベルとなるとレベルが低くトップクラスが相手となると相手にもなりません。
それは指導方法が間違っているからという事も言えます。そして留学制度をほとんど使用していない点も
挙げられます。徐々に世界と並べるぐらいのユース育成施設を整えてきましたが
まだまだヨーロッパのほうが上です。日本の場合高校選手権やユースで活躍した人が
Jリーグへと進めるルートが出来ています。ユースの年齢から世界のクラブに行くという事は
稀にありますがほとんどありません。そのため殆ど成長が見込めない年齢になって
世界に行っているためあまり世界と渡り合えません。

Google Ads

決定力不足の理由

日本決定力不足出典:こちらを引用

日本の決定力不足は幼少期のサッカーへの触れ合いが関係していると言われます。
どういう事かというと海外の場合ゲームに勝つには相手より点を多くとることという
原理原則が頭と体に染みついています。その者達は幼少期からサッカーのルールは分からずとも
ボールに触れています。大人は遊びでゲームをやらせ、ドリブルする者、シュートする者、
パスする者と様々な子供がいます。

一方日本という国ではまず教えるのはパスです。
そして基礎が出来てきてから本格的なゲームをやらせるという形をとっています。

海外の場合遊びからスポーツへと移る過程でルールや技術を学び自分一人ではどうすることも出来ない
そういう時にパスをすることを覚えるのです。この差ですが大きいと思われます。
日本の場合最初からパスという選択肢が初めに来てしまいその前段階である自分で考え、
プレイするという事が備わっていません。逆に海外の場合自分一人では無理でもパスを利用することにより
突破するということを学ぶことが出来る為明らかな上達が見られます。

日本のサッカーというものはパスありきという形を取っているため
シュートを打っても入らないという事が多いです。そのため成長期を過ぎた選手が
いくらシュート練習をしたところで上達はしません。こういうものというのは幼少期に感覚を身に着け
その後の経験により頭角を現すというのが普通なのです。日本の決定力不足も世界に通用する
サッカーをするにも若手育成法を根本的に考え直さない限りワンランク上には行けないと思われます。

【なでしこが強い理由】

なでしこJAPAN出典:こちらを引用

シンプル且つ当然の理由なのですが女子がスポーツをする環境が整っているというのが挙げられます。
Jリーグが誕生した頃と今では環境が違います。あの頃は女子サッカーをやる女の子など皆無だったのです。
ですが今では女子サッカーのプロリーグがあるぐらい女子のサッカーというのは国民自体に認知されてます。

そして世界では女子のサッカー人口がまだそれほどいないということもなでしこが強い所以です。
それほど人口がいないのでトップになれる確率が高いです。世界を見れば女子でスポーツ人口は多いですが
サッカーというピンポイントに焦点を当てた場合それほどいないのが印象でしょう。
それを狙って日本のサッカー協会は昔から女子のサッカーに力を注ぎ
最近になってその結果が出てきたという事でしょう。

Google Ads