武井壮出典:こちらを引用

武井壮さんと言えばフジテレビの「笑っていいとも」で初めて見たという人が多いと思います。
ですがその番組も終了して以降それほど見なくなりましたが
それでもテレビにちょくちょく出演している現実。
なぜ消えずこう活躍できるのでしょうか?

Google Ads

【消えない】

武井壮消えない出典:こちらを引用

そもそもこの方芸能界に入ろうと思って入ったのではありません。
ある芸能人がスカウトしてきて芸能界で活躍するようになったようです。
その方とはピエール瀧さんです。
なんでもピエール瀧さんがある夜にバーでお酒を飲んでいたところカウンターで面白いことをしている
若者がいたらしく気になって接触してみたのだという。
これが武井壮さんが初めて間接的に芸能界へ接触した時だったのです。

武井壮さんはバーのカウンターで何をしていたのかというと犬用の骨をかじりながら牛乳を飲んでいるという
奇妙なことをしていたらしいのです。ピエール瀧さんでなくても驚いたことでしょう。
なぜそんなことをしているのかと聞くと
「決まっている……顎を鍛えているんだ」
その返答もさることながらそんなことをプライベートタイムにしているという状況が面白くて
自分の番組に出演してみないか?と誘ってみた所快諾し芸能界へと足を踏み入れました。

本題に入りなぜ消えないのか?これはズバリ単純明快でマルチなポテンシャルこれに尽きると思われます。
この方初めて全国ネットに登場した時さすがに驚いたことでしょう。百獣の王だというキャラ設定に。

普通こういうような設定をしている芸人は一発屋と同じく最初の頃は面白がってドンドンと
仕事が舞い込むものですがそれも一時でその後飽きられ仕事が無くなり消えるというパターンがあります。

武井さんの場合以前よりもあまり全国ネットの出演は減りましたがそれでもメディアには
定期的に登場しているため別に売れなくなったという事ではないです。

芸能界は芸を極めているものはたくさん仕事が来ますがそれと同じく多彩な芸を持つ芸能人にも
色々な仕事のオファーが舞い込んできます。その例がSKE48で卒業が決まっている松井玲奈さんです。
この方はAKBやSKEでのアイドル活動がメインなのは知っていると思いますが趣味で鉄道を見るのが
好きだという事が知られ番組出演し、芸能活動の幅が広がりました。
武井さんも同じく体を鍛えたり獣と戦っているというイメージがついていますが
それだけでは一発屋と同じく飽きられてしまいますがこの人の話すことは一般人や他の共演者からしたら
芸人のすべらない話と同等ぐらいに面白くそれがスタッフに認められ
色々な仕事のオファーが来ているのです。

Google Ads

【経歴が凄い】

武井壮経歴出典:こちらを引用

  • 中学~高校:野球、ボクシングを経験
  • 大学:陸上競技の十種競技に参加
  • 1997年に日本陸上競技選手権大会の十種競技で優勝
  • 大学卒業後アメリカへゴルフ留学するも挫折
  • 2001年よりスポーツトレーナーとして活躍
  • 2005年社会人野球「茨城ゴールデンゴールズ」に投手として入団
  • 2012年テレビ番組「うもれびと」に出演しその後ブレイク

20代前半で陸上競技に目覚め陸上と名のつく大会にはすべて参加し優勝しています。
陸上競技は学生だけでなく社会人としても活躍できましたが彼は続けなかったらしいです。
その理由として周囲の人間達が騒いでくれなくなったかららしいです。つまり彼の陸上競技へと興味は
陸上自体にはあまり興味がなく周囲が自分が優勝すると騒いでくれるから参加していたという事らしいです。

武井さんはその後陸上に何の未練もないと思い次の目標を探している時にある雑誌を手に取りそこには
タイガー・ウッズと帝王ジャック・ニクラウスのことが書かれておりその帝王という響きが気に入り
早速アメリカのゴルフ会社に俺にオファーをしてくれと手紙を送ったらしく
その会社が武井さんのゴルファーとしての適性をテストしたところぶっちぎりで1位だったらしく
アメリカのキャンプに参加したがアメリカに来て以降サンドイッチが旨過ぎて毎日のように食べてしまい
日本にいたころに比べ何十kgも太ってしまいそれで辞めたらしいです。

こられだけを見ても普通の人ではこうも色々な分野で活躍はできません。
極端な話ゴルファーがプロ野球をやるようなものでまずそれを両立できる選手がいるかと聞かれれば
皆無と思われます。それほど武井さんの潜在能力は高かったのです。
武井さんの凄い所は挑戦して目標を達成してしまうところです。普通の人は挑戦はするものの才能がないと
思い挫折してしまうものなのですが彼は違い色々な方法を模索し諦めずに目標達成してしまうのです。

Google Ads