スマートフォン水洗い対応出典:こちらを引用

最近KDDIが発表した新スマホがスマホユーザーに大きな変化をもたらしています。
何でも次に発売するスマホは普通に食器を洗うみたいにスマホが洗えるという代物らしいです。
スマートフォンは元々水に濡れたら即OUTというぐらい水との相性が悪いとされていました。
これが実現したら恐らくいえ……絶対大きな変化がスマートフォンにもたらすことでしょう。
今回はそのスマートフォンと水との関係を話していきます。現状防水のスマートフォンがありますが
防水でも洗うと一貫の終りなのでしょうか?
そして今後スマートフォンの流れについても話していきましょう。

Google Ads

防水=水洗いOKではない理由

スマホの水洗い出典:こちらを引用

現状防水機能を要するスマートフォンは圧倒的にアンドロイドのほうが先をいっており、
iphoneはまだまだその領域に足を踏み入れていないといった感じです。雨の水滴が数滴程度なら
大丈夫ですが大量の雨が画面に飛来すると危ないというのが現在のiphoneです。
アンドロイドはいくつか防水機能があるものを販売してはいますがそれでも水洗いが可能かどうかという
基準で作られてはおらず間違って水の中に入れてしまって急いで取り出して大丈夫か
どうかという程度が限界です。つまり今までは水洗いなど論外でそれをやれば
一貫の終りだと言っていたのです。

アンドロイドの中に防水が最高のものでも静水に限り大丈夫としているだけです。
静水とは動きがない水のことで要は流れが発生していなかったり、動きがない水のことを言います。
防水は食器を洗うように水に当て洗うと危険ということを言っています。
水洗いすることを前提で作られてはいない為やればOUTとなり二度と利用できない恐れがあります。

そもそも防水とは何もスマートフォンの機器が水の浸入を許しても無事である保証はしていません。
水が浸入しても耐えるだけの耐性があるというだけで100%という事ではありません。

そのため防水で水で洗おうものなら自らスマートフォンの寿命を縮める行為に当たります。

今回発表された水洗いができるスマートフォンというのは革命に値する代物なのです。
水洗いが出来るという事はお風呂の中やプールの中で使用しても故障の心配は限りなく
0に近いという事になるため。スマートフォンの弱点の一つに水に弱いという点があるため
これをクリアすることでスマートフォンは次なるステップへと登ることが出来ることになるのです。

Google Ads

今後のスマホは水が鍵

スマートフォンの新時代出典:こちらを引用

今回発表されたものは恐らく実験的なことになり販売は大分経過してからになると思います。
この発表でiphoneを製造するアップル社は防水機能を持つスマートフォンの開発を積極的に
推し進めるのではと思います。水に沈めたらOUTという欠点を補うチャンスですし、
これからは防水機能があるのが当たり前となるスマートフォンが主役機となることが予想されるため
どうしても新機能とこの防水機能が表になってくると思います。
そのため防水機能がないスマートフォンの価値が下がり、防水機能を有するスマートフォンの価値が
上がることになることは誰が見ても明らかになることでしょう。

Google Ads