シャーロットの画像出典:こちらを引用

マッサンのシャーロット・ケイト・フォックスという女優を知っていますか?
名前の通り日本の女優ではなく海の向こうのハリウッドの女優です。
NHKの朝の連続テレビ小説の「マッサン」のヒロインを務めたことで有名な役者さんの一人です。
このドラマは日本では知らない人はいないというぐらいの知名度で知られていますが
ヒロインが外国人という事で注目されているのです。
今まで歴代のヒロインはすべて日本の女優が殆どで海外から呼ぶという事はあまりしませんでした。
やはり最近のテレビはテレビ離れが言われているのでインパクトあることをしたのでしょう。
今回はそのマッサンのシャーロット・ケイト・フォックスさんについて話していこうと思います。
この人は海外の女優なのですが日本語が上手いらしいのですがどういう事でしょうか?
そして結婚して夫がいるらしいのですがちょっとした話題の夫らしいのですが
なぜ話題か説明しましょう。

Google Ads

【日本語が完璧】

会話の画像出典:こちらを引用

この方は別段日本が好きでという事ではなかったようです。
それより前は普通にアメリカのほうで舞台女優として活躍していたみたいです。
このドラマのオーディションを受ける為にワザワザ日本に来日したそうです。
普通はヒロインを外国人という設定なら日本にいる外国人のタレントを使いそうですが
オーディションを受ける為に海外から受けに来たという事にも驚きました。
当然のことながらこの当時彼女は全く日本語を話すことはできませんでした。
こういう外国人を選ぶ場合日本語の理解をし、演技を見るというのが普通ですが
今回はちょっと彼女が凄かったようです。彼女は日本語を暗記ではなく理解し、
その上で演技をしたそうです。
その演技は他の外国人のオーディション参加者と比べてもレベルが違ったようです。
ですがそれだけで採用したという事はなく一番はコメディセンスを感じたのが理由とされています。
そもそも彼女は舞台女優のため空気を読むという事に関しては得意としており
これはあちらの舞台経験がものをいった形になったと思われます。

彼女は日本語を0からスタートし撮影と同時に日本語を習得したようです。
海外の方からしたら日本語というのは独特の言語のようで英語よりも難しいと多くの人が言っています。
イントネーションだったり英語にはない意味合いや言葉があったりと0から習得するには
苦労しない人はいないとまで言われる程の難易度のある言語なのです。
彼女は台詞を吹き込んだテープや英訳とローマ字表記の台本を反復練習で覚え、徐々に日本語を習得し、
ドラマの共演者である玉山鉄二さんもその喋りには驚いたぐらいだそうです。

Google Ads

【話題の夫】

あまり知られていませんがドラマの開始前より結婚はしていたそうです。
ドラマの中で描かれる妻としての振る舞いは実際の経験と演技の経験の両方があるから
出来るものだったようです。結婚相手を残して「マッサン」のドラマ撮影をしていたらしいです。
その夫ですが名前を「ジョン・ポール」というらしく仕事は舞台の裏方のようで
ワイヤー操作や宙吊りの仕掛け人等を担当しているようです。
妻との出会いは恐らく舞台で出会って交際がスタートしたのではないでしょうか。
舞台が仕事場で頻繁に顔を合わせていたと思うので。
そしてこの夫ですが一番の驚きはプロポーズがロマンチックだという事です。
シャーロットさんが舞台で踊り終わった後皆の視線が注目されているにもかかわらず
指輪を彼女の指に差し出すというドラマや架空の話のようなプロポーズをしたのです。

Google Ads