禁煙
喫煙者になった瞬間から課せられる使命が「禁煙との闘い」です。もちろん一生吸い続ける人も数多くいてタバコと良い付き合いをしている人もいますが、副流煙などが他人へ迷惑を掛けることも事実。大半の喫煙者は「禁煙」の二文字が頭に浮かびます。

Google Ads

禁煙成功者は禁断症状を楽しんでいる

実際に禁煙を成し遂げた人の多くは、禁煙中に起こる禁断症状をネガティブなものではなく自分が変わるための良い過程として禁断症状を楽しんでいる方がとても多いです。
「脳がタバコを欲しているがそれと戦う自分がかっこいい」
「この禁断症状を乗り越えれば、タバコに悩まされる生活が終わる」
「もう意中のあの人と喋っても臭いと思われることも無い」
多少極端ではありますが、禁煙成功者は自分にポジティブな考えを言い聞かせていました。逆になんでこんな辛いのだろう、我慢しなければいけないのだろう。とネガティブに言い聞かせる人はあまり少なく、禁断症状をどのように楽しむかが大事であると語ります。

Google Ads

実践的な禁煙のコツは?

実践的な方法としてはやはり言葉に出して自分に言い聞かせることが有効なようです。「今日もタバコを吸わなかった自分はなんて偉いんだろう」「タバコを辞めただけで、1日に2時間も自由に使える時間が生まれた」というふうに、禁煙中の自分を自分で全力で褒めてあげること。
そしてもう一つ、面白かったのが周りの人に言いふらすことだそうです。周りの人に禁煙してると宣言する人は結果的に禁煙出来ないと言われることもありますが、禁煙成功者の中には「周りに自分はタバコを辞めたことを発表して嫌でも吸えない状況にしました。そして、周りの人が今日も吸ってないね!と褒めてくれるのを楽しみました。」という意見も。この人も禁煙する中で禁断症状と闘いながらも周りの人がほめてくれることを楽しみにしていたそうです。

いかがでしたでしょうか?禁断症状を楽しむ、とても難しいことのように思えますが考え方の転換次第では禁煙するための強力な見方になってくれるかもしれませんよ?

Google Ads