高見盛
高見盛といえば朝青龍、白鵬などと比べてもその知名度に遜色が無い超有名力士だ。しかし、彼が朝青龍や白鵬との違うのは番付力士としてあまり高い位置にいるわけではないこと。
朝青龍と白鵬といえば誰しもが知る力士の最高到達点「横綱」となり、圧倒的な実力を披露し話題になったのに対し高見盛は小結であった。それでも彼が力士として大きな人気を博したのは、ちょっと周りから見れば「変な人」と思ってしまうような、体中を全力で叩き顔を震わせる独特の取り組み前のルーチンワークである。
そんな高見盛だがある相撲関係者の情報筋によると「彼は本来小結で終わるような実力ではなかった。あらゆる面で他の力士を圧倒する実力をもっていた」と語る。
それが本当の話しならばなぜ高見盛は小結として引退を迎えたのか?そこには角界でつねに疑問視される「八百長」と、彼のあまりに誠実なガチ相撲への根性があった。

Google Ads

高見盛の人気に比例する障害の多さ

高見盛現在では振分親方(ふりわけおやかた)としてテレビにも、ちょくちょく顔を見せている高見盛。テレビではもっぱら彼女とか結婚とかそんなことが取り沙汰されるが彼の現役時代の相撲の強さには舌を巻くものがあった、と角界のジャーナリストは語る。

「高見盛は本当の意味で強い力士でした。純粋な実力を見れば高見盛こそが番付で最強だと言われていた時期もあります。しかし、高見盛が勝てないのにはその人気が原因でしたね。」

なんでも高見盛は番付が低い時期から相撲を見に来る観客からの人気が抜群に高かったという。小結という言葉は知らなくても「高見盛」といえば知ってる、と答える人のほうが圧倒的に多かった。
そんな彼には毎回、多額の懸賞金が掛けられていた。懸賞金は勝者に全てが行き渡るシステムなので高見盛と相手をする力士にとっては、小結のなかで常識外の懸賞金を持ってきてくれるおいしい力士だったという。よって力士はその場所の中でも最高潮のピークを高見盛との取り組みに合わせて行く。高見盛は自然と毎回、ベストパフォーマンスの力士と取り組まなければいけなかったのだ。

Google Ads

八百長問題に高見盛は関係ない

一時期からメディアで取り上げられ伝統のある角界全体を大きく揺るがすことになった八百長問題。思えば相撲人気もこの時期から明らかに下落してきている。
しかしそんな八百長問題も高見盛には関係なし!彼の取り組みを見れば言葉でうまく伝えずとも理解できる。

間違いなく全て「ガチ相撲」なのだ。

土俵から落ちるときには全力で粘るゆえに派手に転げ落ちるし、多くの力士から恐れられていた朝青龍にも渾身の張り手をくらわせる正真正銘のサムライスピリットの持ち主だ。しかし、それは結果的に高見盛の現役時代の限界点を早めてしまう結果にもなってしまった。
なんでも最近は親方でもあるが、彼女や結婚に非常に前向きになっている。だが女性が苦手ということでしばらくは先の話題かもしれない。

しかし強さ、男らしさ、潔さ、そして適度なウブさを持っている高見盛ならけっこう需要ありそうだし、きっと恋愛にもガチで取り組んでいくだろう。

意外と結婚相手もすんなり見つかるのかもしれない。

Related Post

Google Ads