高山一実出典:こちらを引用

乃木坂46の高山一実さんは色々とスキャンダルがあったりと注目されているアイドルの一人です。
その中でも彼女はアイドルには珍しい小説を執筆したらしいのですが
一体どういう内容の小説なのでしょうか?彼女は過去に乃木坂加入前に飲酒をしていたという噂なのですが
これはデマなのでしょうか?彼女の暗い過去に弟のことがあるのですがどういう事でしょうか?

Google Ads

小説家

小説出典:こちらを引用

高山一実さんことかずみんは乃木坂46一の読書家としてメンバーはもとよりファンなら
誰でも知っていることです。その彼女は驚いたことに小説家デビューをしているらしいです。
といっても書籍を出版したりといったことではなくある出版サイトに小説を公開しているという事なのです。
ダ・ヴィンチという角川書店が発売している月刊誌のwebサイト上に公開しているのですが
内容がファンのみならずそれを読んだ読者から高評価を得ています。
あくまでアイドルが書いた小説と言う事でそんな高度なことは要求されていない為
軽く読める程度の量の為小説をあまり読まない人でも楽しめる内容となっています。

なぜ彼女が小説を書くことになったかですが去年の2015年の11月に「発想力鍛錬ワークショップ2015」に
参加した際小説を執筆したらしいのですがその時には完成せずその後数日間を掛けて完成させたものが
ダ・ヴィンチに掲載されているらしいのです。そしてそれだけではなく
同グループのメンバー深川麻衣さんがその小説の挿絵を担当しそれも話題に上がっています。
アイドルグループが小説を短編でも世に出したという事でさえ驚きなのに
それプラス挿絵もアイドルが書いたというから話題になっているのです。

気になる内容ですが原稿用紙9枚の3,000文字程度と短編集程度の長さで小説を読むスピードが遅くても
そう時間をかけずに読むことが出来ます。宝くじがテーマでその宝くじは人間と同じように人格があり
おしゃべりもするという奇妙な宝くじとの交流を描く内容となっています。

ダ・ヴィンチ:掲載先

Google Ads

飲酒

飲酒出典:こちらを引用

彼女が乃木坂46に加入したのは2011年です。その前の2008年と2009年に彼女は未成年でありながら
飲酒したと自分の素人時代のブログで告白しています。普通ならこれが明るみに出た時点で話題になって
最悪乃木坂46から脱退という流れになるのですがそれがなっていません。
それにはある理由があり乃木坂46の運営陣はメンバーの加入前のことについては深く追求はせず
犯罪行為以外のことについては目をつむると言っています。そのため彼女の飲酒は許させているのです。
加入後それが発覚すればどんな甘い運営陣でも処罰することでしょう。

彼女には弟がいたらしいのですがすでに故人となっています。彼女もこの話題についてはあまり
触れないようにしています。彼女にとって悲しい出来事だったため。
弟さんがどういう死因で亡くなったかは本人はおろか誰も知らされていません。
恐らくこれは推測になってしまいますが病気で亡くなったのではと思います。
自ら命を絶ったというならまずマスコミがその話題を取り上げると思いますがそれがない所を見ると
それ以外の病気や交通事故で無くなったと思うのが妥当でしょう。
いつか乃木坂46を卒業し自著伝なんかを出版する日が来るか分かりませんが
そういう日が来たら語るかもしれません。

彼氏

乃木坂46は恋愛が禁止で発覚すればそれ相応の処罰が下されることは誰もが知っていることです。
現にAKBグループでも厳しい処罰を受けたメンバーが何人もいます。
例外でお咎めなしのメンバーもいますが大抵は脱退という道を歩みます。
彼女は現在スキャンダルはなく問題はないのですが過去に加入以前に男性とのツーショットや
男友達との写真が流出したとして話題になりましたがこれも加入前のことなため
それほど叩かれることはなかったです。

乃木坂46はAKBグループと比較しても熱愛やらこういうスキャンダルが多いような気がします。
ここ数年で乃木坂46のスキャンダルは増え皮肉なことにそれで乃木坂46の名前を覚えたという人が
いるぐらい多いです。恐らくまだ売れているという事はなく
一歩手前なのでやっても大丈夫と思っているメンバーがいるのでしょう。

Google Ads