北野武の画像出典:こちらを引用

北野武さんと言えば映画監督のイメージです。
以前はバラエティ番組を何本もやっていたこともありお笑い芸人の要素がありましたが
現在は情報やニュース系の番組をやってはいますがほとんどバラエティ番組に出演はしていません。
どちらかというと映画監督の仕事に力を注いでいるというイメージではないでしょうか?
実際その実績を見ても才能を感じざるおえません。数々の受賞歴がたけしさんの才能を物語っています。
今回はその北野たけしさんの映画監督としての才能と海外の評価について話していこうと思います。
映画監督で良く芸能ニュースに取り上げられますが一体どういうところが凄いのでしょうか?
そして海外では北野たけしさんのことをどう思っているのでしょうか?

Google Ads

【才能】

才能の画像出典:こちらを引用

良く自分の演技を過信している俳優や女優が監督に演技プランを提案するなんてことを
する人を聞いたことがあると思います。
アレは北野監督からしたらそういうことをする人は二度と使わないらしいです。
監督からしたら自分の思った通りのものを作っているのに演じ手がなんかちゃちゃを入れてくるというのが
腹が立つようです。さらに北野監督の映画に数多く出演している六平直政さんは
映画監督には才能が必要らしく一流の俳優が一流の監督になれるわけはないと言っています。
これはどの業界にも言えることですが例えばスポーツの一流の選手が監督としても
一流となれるかと言えば分かりません。プレイヤーと監督は別次元と呼ばれるためです。
それは映画を撮るということは人を自由自在に動かせないとダメらしく
余程のカリスマ性がなければ務まらないらしいです。

Google Ads

【海外の評価】

海外のイメージ画像出典:こちらを引用

海外特にフランスでは日本以上の人気を博しているのはニュースにもなったぐらいです。
セリフに無駄がなく、日本作品であることを忘れ去れるテーマがあることで
海外の人に受け入れられています。海外の人は北野武さんがお笑い芸人から映画監督になった人だと
いうことをほとんど知りません。大抵の人は映画監督で気になって調べてみたら
お笑い芸人をやっていて驚いたという人が殆どです。
そもそも北野監督が有名になったのは映画祭やプレスを通じて名が売れて有名になったというものです。
北野映画と言えば暴力系が描かれます。これは批判の格好の獲物と化すかと思われていましたが
それも根拠のある暴力だから受け入れられているのでそれほど批判をされず高評価されます。

Google Ads