滝沢カレン出典:こちらを引用

滝沢カレンというモデルの人をご存知でしょうか?日本テレビのバラエティ番組「さんま御殿」に出演した際
日本語が変というレッテルを貼られ話題になりました。
その番組を見た視聴者からは病気や何か障害を持っているのでは?と思われてしまっているそうです。
これが芸人というならネタになり面白くなりますがこの方の場合女性でモデルということで
ネタにもならず単なる同情を集めるだけになってしまいます。今回はその日本語が変わった喋り方をする
滝沢さんについて話していきます。本当のところあの喋りはテレビ的にワザとそういう喋り方なのか?
それとも何か重大な障害を抱えているのでしょうか?その辺を見ていきましょう。

Google Ads

日本語が変?

日本語が変出典:こちらを引用

まずその前に彼女の出生について話していきましょう。
彼女は私達と違い両親が純日本人という事ではありません。父親がウクライナ人、母親が日本人
所謂ハーフタレントという括りに入ります。これを聞くと幼少の頃どこか海外で暮らしていた期間が長く
そのため日本語が海外の人のように片言でしか喋れないという現象が起きているという可能性もありますが
それはありません。なぜなら彼女は幼少時より今日まで海外での生活経験なく
普通の日本人と同じ生活をしてきたからです。

片言日本語例

片言な日本語出典:こちらを引用

  • 部屋のベランダ→部屋の踊り場
  • メールが届いた→メールさんが届いた

上記を普通の日本人が見ても明らかに変であることが分かるでしょう。
日本語の文法がおかしく日本語が成立していません。
これは海外の人が日本に住み始めて長くない人が話す日本語という印象を持ちます。

それを見た視聴者がこの滝沢カレンという人は色々な意味で危険と思ったのでしょう。
なぜ日本に住んでいて日本語が変なのか?それは彼女の母親がカギを握っています。
どういう事かというと彼女の母親はロシア語の通訳をしていて周りには日本語を片言でしか
話せないロシア人がいたためそのような環境で育った娘のカレンさんは悪いことを見習ってしまい
あのような喋り方になってしまったらしいです。人間は幼少時に言語習得を加速的に習得すると言われ
ほとんどの人は母国語の基礎をこの期間に習得します。その期間にカレンさんは片言の日本語を
学んでしまったため現在のように変な日本語でしか喋れなくなったようです。

Google Ads