Apple thinkdifferent
周りと違う、自分は変わっている、そんな事を気に留める人は世の中に数多くいるだろう。将来宇宙飛行士になりたい、人類全体を進化させるような革命的発明をしたい。でもそんな自分の考えは周りの人に理解されず、バカにされる。
口では強がっていてもどこかしら心のなかで自分でもどうせ無理かもしれない、ということはなんとなく理解している。でも夢を追い続けないと自分のアイデンティティが失われてしまうのが何より怖い。
何か信じることが出来るものがほしい、勇気づけられるキッカケがほしいという人にぜひ見て欲しい動画だ。

Google Ads

Think Different 〜違いを感じろ〜

Here’s to the crazy ones.
クレージーな人たちがいる。

The misfits.
不適合者
The rebels.
反逆者
The troublemakers.
トラブルメーカー
The round pegs in the square holes.
丸い杭を四角い穴に穿つような奴ら

The ones who see things differently. They’re not fond of rules.
物事を違う視点で見る人達。彼らはルールを好まない。
And they have no respect for the status quo.
そして彼らは現状に満足出来ていない。
You can praise them, disagree with them, quote them, disbelieve them, glorify or vilify them.
あなたは彼らを賞賛できるだろうか?反対する人、けなす人 、意見が合わない人もいれば美化する人もいる。
About the only thing you can’t do is ignore them.
しかし、誰にも彼に無関心になることは出来はしない。

Because they change things.
なぜなら彼らは物事を変えてきたからだ。

hey push the human race forward.
彼らは私達人類を前進させた

While some may see them as the crazy ones, we see genius.
彼らはクレイジーだと言われるが、私達は天才だと思う。

Because the people who are crazy enough to think they can change the world, are the ones who do.
なぜなら世界を本気で変えると信じ続けてきたクレイジーな人だけこそが、世界を変えているのだから。

Google Ads

違う、ということは怖いことではない

スティーブ・ジョブズの顔写真人間というのはみんな本能で集団的行動をしたがる生き物だ。これは遠い先祖からコミュニティを築き、お互い助けあってきた人間として何一つ間違ったことではない。しかし、あるいはそのコミュニティが人間の可能性を抑制する足かせになってしまう可能性もある。

我々人間というのは生まれた瞬間から少しずつ死んでゆくというが、この挑戦する心も生まれた瞬間からある一定期間を過ぎると少しずつ死んでゆくのである。その一定期間とは言葉を習得するまでの2〜3歳までの年頃だ。
まだ他人の言葉が理解できないうちは世界が全て自分の思い通りになると思い込んでいる。自分の欲望に際限なく忠実で泣きたい時におもいっきり泣くし、笑いたいときには遠慮せずに大声で笑う。
しかし、言葉を習得し周りの人間から様々な知識を教えてもらい成長していく中で少しずつ自分の可能性に気付かされてしまうのだ。実際に経験したことのない無責任な他人からの「無理」「不可能」という言葉に。
もちろん家族というコミュニティが無ければその年頃を生き抜くことは出来ないし、何も抑制されてしまった周りの親や大人を恨め、というわけではない。ただ心に留めておいて欲しいのは周りと違うことはむしろ「人生を存分に楽しむ資格を既に持っている」ということだ。きっとあなたにはこれから劇的な人生が待っているだろう。周りの言葉に身を委ねてはいけない。

あなたの可能性はあなたにしか決められないのだから。

自分の現状に不安を抱き、周りと違うことが怖くなった時にはこの動画を見て前に進む原動力にしてほしい。

Related Post

Google Ads