まな板にしようぜの画像
今やアイドルというよりは農夫、開拓者というイメージがすっかり板についてきたTOKIO。見ていて感じる人もいるだろうがTOKIOはジャニーズグループの中でもグループメンバー同士の仲の良さが群を抜いている。
それは生来の性格もあるが鉄腕ダッシュを通じ体を動かして開拓してく中で、自分が出来ないことを出来る人を敬い、尊敬しあう姿勢が培われたのが大きな要因だと言われている。TOKIOの中では少し気取った印象がある松岡昌宏だが、実はTOKIOの中で誰よりも熱く純粋な性格は強烈に人を魅了するそうだ。
今回は「ザ・オトコ」な松岡の性格とネットで大反響を呼んだ「まな板伝説」の真相に迫っていこう。

Google Ads

松岡昌宏の女性遍歴

松岡昌宏松岡自身の男らしい性格ゆえか、松岡は中途半端に女性とお付き合いはしないようにしている。その前に「松岡って気取ってる感じだけどモテルの?」と思う人もいるかもしれない。実は松岡は共演した女優を主に女性からの人気はかなり高く、松岡に好感を抱いた女優は北川景子、石原さとみ、松下奈緒、剛力彩芽、佐々木希とそうそうたる顔ぶれが揃っている。
米倉涼子と松岡昌宏特に米倉涼子には相当気に入られており、米倉は理想の男性のタイプを松岡と公言しているほどだ。やはりいつの時代も情熱的で真っ直ぐな男は多くの女性を魅了するようだ。
松岡は現在では目立った熱愛報道などはないが、過去には同棲していた彼女もいたようだ。その彼女とは2003年から2009年まで6年間同棲していたようだが破局。しかし、破局直前まで険悪なムードなどはなくいつ結婚するのかと思っていた周囲も思わずビックリ!
彼女との驚きの破局の裏にはジャニーズゆえの制約があったのだろう。多くの人が知っているジャニーズに関する噂の一つに「ジャニーズは1グループ1人までしか結婚できない」と言われている。TOKIOでは山口達也が2008年に現在の奥さんと結婚している。話し合いの末に山口が結婚することが許されたようだが、TOKIOの他のメンバーは結婚が難しい状況になってしまった。山口が結婚した2008年と松岡の破局が知らされた2009年の時系列を見る限り、この先結婚できない可能性が大きい松岡は仲が良いにもかかわらず泣く泣く彼女の将来を思い別れたのだろう。

Google Ads

松岡の性格が現れたまな板伝説

TOKIO×まな板と言えば多くの人がピンとくるだろう。それは2014年に放送された「ザ・鉄腕ダッシュ!3時間スペシャル」の中での出来事。
TOKIOのリーダーこと城島はダッシュ島の開拓で完成間近の舟屋の2階の床板張りを自分がすると名乗り松岡と山口達也は舟屋の柱補強のために流木探しに出かけた。リーダーは皆が返ってくるまでに床板を張り終わり驚かせたいと一生懸命に作業に励みなんとか終了。
しかし、帰ってきた松岡と山口は異変に気づく。なんと1階から階段を設置するためのスペースを確保することを忘れていたリーダーは舟屋に閉じ込められてしまう。なんとか2階に登った松岡と山口。自らのミスで自分を攻めるリーダーだったが、松岡はミスを攻めることなくリーダーの仕事ぶりを持ち前の明るさで褒め称える。その松岡の人の悪いとこよりも良いとこに目を向け素直に褒める優しい性格にリーダーは思わず涙。そのリーダーにつられてか松岡と山口もつい涙を流してしまうのだった。

その一連の動画

そして改めて階段を通す穴を開けるために床板を切り落とした後に松岡は「まな板にしようぜ」と連呼。テレビの画面中に「まな板にしようぜ」のテロップが流れたシーンはネット上に多くの反響を呼び、ネット流行語大賞では10位をゲットした。
松岡は10位に表彰された報告を受けて「やっと時代が俺についてきたね。俺はすぐに口から出る人間だから。まな板に至ってはね、本能だね アレは。まぁまな板が語りかけてきたのは事実だけどね」とコメントし、このまな板が語りかけてきたという謎のコメントも更に反響を呼んだ。
人を全力で褒め、ユーモアでカバーし流行に乗るのではなく流行を作る。こんな性格の松岡だからこそまな板伝説は生まれ、多くの女性を虜にするのだろう。

Google Ads