殿、利息でござる!出典:こちらを引用

阿部サダヲさん主演の映画「殿、利息でござる!」が面白いと評判です。
原作は「武士の家計簿」でも知られる磯田道史さんでこの映画は穀田屋十三郎を中心に
宿の危機になんとか救おうと知恵を絞りある作戦をするという物語で実話をベースにしているという事で
話題になっています。主演は阿部サダヲさんということでこの方はキャラクターを面白くする演技が
得意でその他の脇役の人たちも豪華でその誰もがコミカルな演技が出来ると評判の役者達が揃っています。
気になるストーリーのあらすじとキャスト陣を映画公開前に知っておくとしましょう。

Google Ads

あらすじとネタバレ

殿、利息でござるのあらすじ出典:こちらを引用

舞台は江戸時代中期の仙台藩は吉岡宿

吉岡宿は生活に困っている人が多く飢饉が起こるたびに吉岡宿から出て行ってしまう。
吉岡宿は伝馬役という人馬を使う積荷輸送の仕事を課せられていたため宿の経営とで
体がいくつあっても足りないぐらいの状況だった。

そんな状況の中宿の主である十三郎は何とかこの宿を救う手だてはないものかと考えていた。

吉岡宿一の賢者菅原屋篤平治に相談したところ同じくこの状況を救う手段がないかと考えていた。
そこで菅原屋篤平治がある策を十三郎に伝える。

その策とは今までは散々庶民から藩がお金を搾り取っていたが次は自分たちがその藩から
金を搾り取ろうという作戦で具体的には藩に金を貸し付けその利子を取るという
逆金融屋をやるというもので取られる側から取る側に回ろうという作戦なのだ。
貸し付ける額は千両今でいうところの9,000万円以上とされまずその大金を集まることから始める。
二人の元には私財を犠牲にしてもその作戦に参加するという勇者が9人も集まり
資金を集める為町を奔走することになる。

これは実話が基礎にありそれからコメディ要素を追加したということで江戸時代にこういう考えを
実際に行った人がいたという事でそれがかえって注目されているのです。
この作戦は知られれば打ち首で命すらないそれぐらいの作戦です。
立場的に言えば藩と一般庶民では前者のほうが圧倒的に権力も地位も上なのですから。

STORYと共に注目なのが主演以外の役者がこれまたコメディ性のある演技が出来るという方ばかりを
集めたことです。瑛太さんや妻夫木聡さん、寺脇康文さんはシリアスでもコメディでも
どんな役柄でも演じられ過去に三谷脚本のドラマや映画に出演した経験があるため
こういうような面白い映画にはおもってこいの配役なのです。

Google Ads

キャスト紹介

殿、利息でござるのキャラ紹介出典:こちらを引用

穀田十三郎:阿部サダヲ

  • 吉岡宿を救う策を練る

菅原屋篤平治:瑛太

  • 吉岡宿NO.1の賢者
  • 復興のため策を十三郎と一緒に考える

浅野屋甚内:妻夫木聡

  • 十三郎の弟
  • ケチの金貸しだが裏の顔は……

遠藤幾右衛門:寺脇康文

  • 人情人
  • 役人
  • 子供を溺愛
  • 頼りのなる男

穀田屋十兵衛:きたろう

  • 十三郎の叔父
  • 根は優しい

千坂仲内:千葉雄大

  • 最上位の村役人
  • 町をまとめている

早坂屋新四郎:橋本一郎

  • マイブームは温泉堀
  • ケチで優柔不断

穀田屋善八:中本賢

  • おときが好き
  • 見栄っ張り

遠藤寿内:西村雅彦

  • 疑り深い
  • 人を信用していない

とき:竹内結子

  • 飯屋未亡人
  • 映画オリジナルキャラ

きよ:草笛光子

  • 十三郎、甚内の母親

先代・浅野屋甚内十三郎:山崎努

  • 十三郎、甚内の父親

Google Ads