週刊文春出典:こちらを引用

週刊文春に最近で言えばAKB48の柏木由紀さんのスキャンダル記事が掲載されたのを
知らない人はいないでしょう。今回に限らず週刊文春と言えばAKBに限らず
その時のノリに乗っている芸能人のスキャンダラスな記事を載せ
世間をアッと驚かせている週刊誌で有名なところです。
しかし、この週刊文春というところはなぜこうもスクープを連発できるのでしょうか?
何かカラクリがあるのか?

Google Ads

【文春の取材】

文春の取材出典:こちらを引用

通常芸能人のスキャンダル系の記事を掲載する場合事前に対象の芸能人が所属する事務所へ
載せることを宣言する連絡が入ります。文春以外はこの連絡でその記事はダメだから
違う芸能人のネタがあるからというように交渉が行われます。
文春に至ってはその交渉は殆どできず事務所側はただただ見守ることしかできません。

 

本題に入りスクープをGetする背景には文春は5-10人態勢のグループで行動しているらしく
時間をかけて裏を取るらしいです。ですが昨今では出版業界も不景気でそれほどの人出を出せないのが
正直なところで文春以外の出版社ではこれよりも少ない人員でスクープを狙っているのが現状で
文春の一人勝ちという結果を招いています。しかし、人員を増やしスクープをGetしても
販売部数が伸びないと意味がなく最近では販売が苦戦しているらしく
あまり力を入れられないというのが現状です。

Google Ads

【鉄の掟破り】

鉄の扉出典:こちらを引用

AKB48のスキャンダルを唯一載せる週刊誌とまで呼ばれています。
AKBのようなアイドルのスキャンダルは御法度とされ載せる勇気のある週刊誌の編集長はいないです。
しかし、文春の編集長は違いあえて禁断領域に足を踏み入れて
読者を満足させることに使命感を感じています。

 

文春がなぜスキャンダルばかりを載せるのか?疑問に思ったことはないですか?
スキャンダルと言えば文春という代名詞になるぐらいの知名度です。
それには理由があり今の時代ツイッターやらSNSで芸能人でも政治家でも
自由に発信が可能なところまで到達しました。ですがそこで繰り広げられている情報は
すべて安全な情報で危険領域に足を踏み入れる地雷情報は一つもありません。
言わば……彼らにとって表向きの顔やクリーンなイメージなものばかりです。

 

一般人からしたらそんな建前のような言葉はどうでも良いのです。
求めているのは彼らにとっては都合の悪い知られてはマズイ情報です。
文春はあえてその地雷地区の情報を率先し一般人に発信しているのです。
そのおかげで芸能人たちの知られていない情報を見ることが出来、週刊誌が掲載しなかったら
今も闇の中に埋もれていたのかもしれません。

Google Ads