人種差別出典:こちらを引用

今年のアメリカはハリウッドで行われるアカデミー賞の候補者の俳優・女優のメンツを見ると
どれも白人であることが分かりました。しかもこれは2年連続とのことでそれに怒ったのが
黒人監督や俳優陣でボイコットする考えらしいです。これは人種差別と思ってのボイコット行動のようです。
そこで疑問が生じます。人種差別は学生時代歴史の教科書で習ったと思いますが
これが現在も続いているという事を知っていますか?なぜ人種差別が起きるのでしょうか?

Google Ads

人種差別の理由

白人と黒人差別出典:こちらを引用

人種差別というと白人が黒人をということを思い浮かべる人が殆どだと思います。
}しかし差別とはなにもその2人種に限ったことではありません。日本人でも黒人な人がいますし、
逆に我々日本人を嫌いな海外の人はいます。日本人が黒人のことを嫌いな理由として全身黒いのが嫌で
生理的に無理という事が圧倒的な理由としてあります。

アメリカではアフリカ系アメリカ人が差別されている理由を知っていますか?

これには過去の悪い歴史があります。アメリカは過去に白人がアフリカ大陸から連れて来た黒人を
奴隷として使役したというものがあります。これは歴史の教科書でも習ったと思います。
そのため白人というよりもアメリカではこの歴史が根強くあるため圧倒的な人種を誇る白人は
それが当たり前と考える者やその行為は正当なことだと思っている人がいる為
現在も黒人を差別しても良いと考えている人が多いです。

良くメディアで人種差別に反対している白人や団体がニュースに取り上げられ平等な世界になっていると
思っている人がいますがそれはあり得ません。
そうならまず今回のアカデミー賞の様な明らかな人種差別はありません。

そしてそんな歴史がある黒人たちは白人のことを憎悪の対象として見ている人が多いです。
それはそうです。黒人を人間として扱ってなかった歴史が過去にあるため憎まずにはいられないのです。

皆さんのイメージでは黒人と言えば貧困、犯罪確率が高いということを思っていることでしょう。
現実に一部の成功者を除きほとんどの人は貧困でそれを抜け出すために
犯罪に手を染めるなんてことも珍しいことではありません。

アメリカではこの黒人の貧困、犯罪及び過去の歴史があるため彼らを平等に扱う事はできないのです。
例え綺麗事でこれから仲良くしましょうと言ってもそれは一時だけで時が経てば同じく差別は起きます。

現に最近ではアメリカである事件が起きています。ある会社員の黒人が上司の差別が酷くて
それがメディアで明らかにされて大きく取り上げられました。その黒人は上司の白人に名前はおろか
人間として扱われてはいなく「猿」と呼ばれており人間が扱う近代機器には近づいてはならなかったらしく
近づこうものなら怒鳴って説教していたらしいです。
これを見ても明らかなように白人の黒人差別は普通の日常ですら行われています。
ニュースにならないだけで今も黒人は白人に迫害されているのが現実です。
法律で縛ることが出来ていない以上黒人の迫害行為を法律化しない限りドンドン酷くなることでしょう。

Google Ads