怪盗山猫2話出典:こちらを引用

土曜の21:00は日本テレビのドラマと言えば1990年代では圧倒的な視聴率で
他局の追従を許さなかったですが最近では過去の栄光となりドンドンと縮小されていきました。
今季から始まった山猫は久々に当たるかというドラマで視聴者の評価は面白いと評判です。
気になる次なる2話のストーリーはどんな感じなのか気になる人もいることでしょう。
2話のストーリー展開の流れと大まかな軸を紹介したいと思います。

Google Ads

2話ネタバレ

山猫のネタバレ2話出典:こちらを引用

山猫の仲間だった細田が遺体で発見されます。勝村に山猫は「細田は半年前芸能事務所と暴力団との関係を
追っていてそれで消された」と結論付ける。

その芸能事務所というのは悪質で所属タレントに借金を背負わせ暴力団が経営している
ガールズバーやキャバクラで働かせるという最悪な事務所なのだ。

所属タレントに真央の同級生の結菜がおり、真央はその結菜にキツイイジメを受けていた。
しかしその彼女が危険な状況に陥っているのを見せられある決意をする。

それは山猫に助けを求めた。

これがどういう事かというと裏の世界に足を踏み入れるという事。

2話のポイントはなんと言っても真央が山猫に助けを求めるという事が大事だと思われます。
これから先のストーリーにこのことがキーになってくると思いますので。
真央と山猫はこれ以降協力関係を結ぶことになるのでこの彼女の事情と裏の世界に入ることの意味を
再確認させることが重要なのです。

そしてその同級生の結菜役を演じるのはトランジットガールズで主演をした女優の伊藤沙莉さんです。
彼女はトランジットガールズ放送終了後次の仕事について呟いており
その仕事というのが今回の山猫での出演だったと思います。
彼女の役は真央をいじめていた悪ですがしかし視点を変えてみれば
このことが物語の重要なシーンとなります。まず彼女がいじめられている状況にもかかわらず
その張本人の危機を山猫に依頼することがこの物語で描きたかった部分です。
単なる脇役、ゲストということではなく真央のこれから先を左右する重要なキーキャラクターと
言えるでしょう。これで彼女の知名度が全国に知れ渡ったという事になるでしょう。
土曜21:00と言えばゴールデンタイムで最も視聴者がテレビを見る時間帯でもありますので。

Google Ads