夢咲ねね出典:こちらを引用

夢咲ねねさんが宝塚退団後初の舞台となるミュージカルに出演することが決定して制作発表をしました。
宝塚にあまり関心や馴染みがない人にとって誰ぞや?と思った人がいることでしょう。
なんでもこの人は宝塚を卒業したのですがそれ自体は普通のことで話題に出すこともないのですが
その家族が注目の的となっています。今回はその夢咲ねねさんの家族と退団理由について述べていきます。

Google Ads

【妹】

愛加あゆ出典:こちらを引用

夢咲ねねさん本名を赤根那奈と言い、富山県出身らしく高校在学中に宝塚音楽学校に合格しました。
ちなみに宝塚音楽学校の受験条件で中学卒業から高校在学、卒業者となっているため
違う高校に通っていても受験は可能ですが
大抵は高校進学時に宝塚音楽学校を受験する人が多いことは言うまでもありません。

話が反れましたが彼女の実家について驚きなのですが富山県では山林王でかなりのお金持ちらしいです。
セレブと言っても良いぐらいの裕福ぶりで貧乏や普通の生活をしてこなかった人のようです。
それだけでも凄いのですがもう一つ宝塚史上初という快挙を達成しています。
どちらかと言えばこちらのほうが宝塚ファンにとっては大きかったようです。
それは実の妹が宝塚に入ってきたならまだしも娘役としてデビューを果たしているという事実です。
血の繋がった姉妹が同時期に宝塚の舞台に出るという事は未だになかったようです。

その妹さんは本名を赤根伶奈といい正真正銘妹です。
妹のように慕っているとかそういうことではなく本当の姉妹らしいです。
宝塚での芸名はというと「愛加あゆ」といい、この名前は家族と本人が相談して決めたようです。
こちらのほうは姉と違い高校には進学せず
中学卒業後ストレートに宝塚音楽学校を受験して入学したようです。
彼女は元々演劇や芸能界に無縁の人かと思えばそうではありません。
3歳の頃から高木幸子バレエ研究所でバレエを習ってその後本名で芸能活動をしておりました。
宝塚受験に際しては宝塚受験支援スタジオでレッスンを受けて
合格に向け万全の態勢を整えていたらしいです。
ちなみに 芸能活動は宝塚に入学する1年前にやっていたため
これも宝塚受験のレッスンだったのでは?と思われています。

Google Ads

【退団理由】

退団

娘役の退団年齢は30歳を目途に皆さん退団なさっています。風習と呼ぶのかはわかりませんが
そういうことが常識となっているため夢咲ねねさんも頃合いと見て退団を決意したのかもしれません。
宝塚学校を卒業後10年も活躍できる人なんて稀でほとんどは5年を超えたあたりから
退団という言葉を意識する人が多いと言われます。卒業後は大抵は女優に転身する人が多いです。
その理由としては宝塚時代での舞台経験が活きていけるのが役者業だからです。
演技力もない女優と宝塚出身の女優ではどちらが演技が上手いかと言えば
宝塚出身の方のほうが断然上手いです。これは宝塚出身以外は演技力がないという事ではなく
役者経験が違うという意味です。相当売れているドラマや舞台など20代の頃より
経験しているというならまだしもそれほど役者としてのスキルを持ち合わせていない人が殆どですので
それらと比較すると宝塚で演技の経験を積んだ人のほうがキャスティングされるのも頷けるでしょう。
宝塚出身の女優さんで演技力が下手な人を探すほうが無理で、
ほとんどは演技には定評がある人ばかりが芸能界で活躍しています。

Google Ads