残穢出典:こちらを引用

竹内結子さんと橋本愛さんが共演するホラー系の映画「残穢」が数日前に公開した「呪怨」を
超えると噂されています。原作はちょっと癖のあることで知られる小野不由美さんです。
公開は来年の1月と長いですが呪怨を超えるそれぐらいの怖さがあるという事で注目のホラー映画です。
その内容とはどのようなものなのか?本当に呪怨を超える怖さなのか?

Google Ads

【あらすじ】

残穢出典:こちらを引用

主人公は作家で読者から情報が届く。それは作家があとがきで

あなたの身の回りで起きた不思議な出来事を聞かせてください」ということを書籍に書いたものだから
怪奇現象系の情報が入ってきました。

いくつかの情報の一つに情報提供者が住むマンションのある一室がどうも奇妙だという。

どうおかしいいかといえば……

誰もいないはずなのに……畳の擦る音がする

掃除機の箒で畳の上を掃くような音がする。

まるでそこに……誰かがいるような……

情報提供者からの手紙にはまだ続きがあったのだが作家は読まず行動に移っていた。
なぜなら作家にとってこの文章だけだったとしても興味を示すだけの魅力があったからだった。

しかもこの話は初めて聞いたという事ではなく以前にも同様に手紙で送られてきていたのだ。
しかも同じ住所で。

これは偶然かそれとも必然か?

作家はこれは何かあると思いその送り主である情報提供者とコンタクトを取り詳細なことを聞くことになる。

作家はそのマンションについて調べれば調べるほど奇妙な事実が明らかになる。

短期間でそのマンションから別のマンションへと引っ越す者が尋常でない人数いるという

マンションなのだから個人の事情により引っ越す者もいて当たり前だし作家も引っ越ししたこと自体
別に不審には思わなかったが気になったのはその人数である。まるでここが嫌になり
引っ越したようなそんな感じを匂わせた。

だが作家は調べるうちにある驚愕の事実が明らかになる!

それはこの土地にはある因縁があったのだ。

この奇妙な出来事はこのマンションだけかと思えばそうではないのだ。

マンションの隣の家にも同様の現象が起き、

誰もいないはずの部屋から赤ちゃんの泣き声が聞こえたり、

床を這いずる気配を感じたり、

マンションで起こっていた現状と同じことが起こっていたのだ。

Google Ads